三次元積層造形技術

 現在、いわゆる3Dプリンターの技術進展に伴い、この技術を利用した医療機器の開発研究が進められつつある。欧米では、既に一部パーツが当該技術で作成された人工股関節が実用化されている。細胞を3Dプリンターにより三次元構築して組織を構築するという研究も進んでいるが、まだ、再生医療分野での実現には越えるべき壁が数多く存在する。
 しかしながら、三次元積層造形分野における国際標準化も活動が始まっているため、その医療分野への適用可否はさておき、その情報も収集する価値はあると判断し、これまでに収集した情報を発信する。

TC 261 “Additive manufacturing” (ISOのページへ)
 発行IS:6、討議案件7
 議長:Mr Jörg Lenz
 幹事国:ドイツ
 国内審議団体:技術研究組合 次世代3D積層造形技術総合開発機構(TRAFAM)
 設立:2011年
 P-member:22ヶ国、O-member:6ヶ国

 2011年に設立された非常にユニークなTC。ASTMと連携しており、WG以外にJoint Group (JG)が存在し、そこでASTMメンバーとISOメンバーとが特定のテーマを協議して原案を作成し、ISOとASTM、それぞれで文書化している。文書化のシステムは異なるものの、最終的に発行される文書は同一となる(文書としてはISO、ASTM両方のマークがつくことになる:ダブルロゴ)。
 このシステムの問題は、JGでの討議がWGでの討議よりも限定されたメンバーでの討議となるため、その原案がISOのWGに上がってくるまでは内容がわからず、その後にWG内での討議が紛糾する可能性があることである。また、同一内容の文書であっても、システム上、ASTMの方が早く発行されてしまう可能性があることが挙げられる。一方、版権の問題をどのように解決しているのかは不明ではあるが、発行された標準は完全に国際的に整合したものとなることがメリットである。
 現在、ISO側のWGは以下の通りである。

 これら以外に、上述したJGが多数、標準化提案対象の事前協議を行うためのAd-hoc groupが4つ存在している。
 ASTMと連携していることから、このTCは年2回総会が行われ、一回は必ず米国で行われることになっている。2016年1月は米国フィラデルフィア近郊で総会が行われたが、猛吹雪のために参加できなくなった参加者が多数出た。そのため、2017年1月の総会は南部のアラバマ州で開催された。2016年7月の総会は東京、お台場で開催された。その総会に参加した際の印象、さらに医療と関連した活動を以下に記す。

 お台場での会議は、最初2日間が主にJG会議、後半にISOのWG会議及び総会が行われた。通常のISO/WG会議と異なり、JG会議での議題は当日まで分からない、というよりも、その場で決まるといった印象があった。JG会議の全てが完全に終了する前にASTMの総会が開かれるが、ASTMメンバーのみ参加可能のため、どのような議論が行われているかはその後のISO総会まで分からないという、個人的には少々不透明感を感じる会議であった。
 会議の途中でISOとASTMの連携をどのように行っているかを知る講演があったが、そこでの説明は以下の通り。

 お台場では、AHG会議で韓国メンバーより医療用画像を基にした標準作成提案の玉だしがあった。しかしながら、プレゼンの内容は画像解析、構築、有限要素解析の説明とアウトラインのみであり、目的がまったく不明だった。また、参加者から、このような内容は医師や医療機器メーカーが参加するTCで討議すべきとの反論があり、まずはTC 150との連携して議論を進めることになった。このことを受けて、一旦、韓国提案はWGレベルでの討議に格上げすることになったが、提案者が他のTCとの連携をまったく検討していないことから、新規提案成立は難しいと思われる。また、三次元画像構築に関して汎用性の高いデータ形式に関する提案を日本から行おうという動きがあり、医用画像を利用した検証も検討すべきかが議論となった。この点に関しては、引き続き国内でも議論を進めることになっている。

Last update 2017.03.27
Copyright(C) 医療機器部