医療機器フォーラム / http://dmd.nihs.go.jp/iryokiki/

第14回医療機器フォーラム
がん診断の最前線
―診断装置・技術、人工知能等の開発・上市―

平成28年度の医療機器フォーラムは、がん診断に関する診断装置・技術の最新開発状況や、その診断への人工知能の利用等をテーマに
9月5日に国立がん研究センター国際会議場にて開催します。

【概要】
 高齢化の進展に伴い、国民の「健康寿命」の延伸を実現する手段の一つとして、発症予測/発症前診断により早期の治療介入を行う先制医療や奏効率の高い治療を行う個別化医療が期待されている。
 我が国はすでに2人に1人が「がん」に罹患する時代を迎えている。現在、健康増進法の施行によりがん検診が行われているが、肺がん検診率が20%を若干超えている以外、いずれのがん種における検診も受診率は非常に低い。がん等の重篤な疾患の早期診断/早期治療や先制医療の実現には、病識がない早期において、クリニックや在宅医療にも導入可能な小型且つ低侵襲の高感度マルチマーカによる診断システム技術が不可欠である。また、がん診断支援のほか、患者の遺伝子情報に基づいた発症・再発率予測や治療薬選定等に関する個別化医療の推進も重要である。
 現在、がん診断を支援する様々な技術の開発が急速に進展している。今回のフォーラムでは、がん診断の現状、将来像及び新規技術を製品化する際の薬事的な考え方を共有する。また、パネルディスカッションを通じた議論により、対象となるがんの罹患率の減少、QOLの改善、相対的な医療費の抑制等を実現するための要点を整理し、がん診断システムの更なる発展へ繋げたい。


現時点(H28.5.30)でのプログラムは以下の通りです。

プログラム(H28.6.07現在)

参加に関する問い合わせはフォーラム事務局にお願いいたします。。


設立趣旨

医療機器フォーラム規約

賛助会員趣意書

賛助会員入会申込書


今までに開催したシンポジウム
第13回医療機器フォーラム 日本発のロボット技術を医療・ヘルスケアへ:開発から薬事承認、上市への挑戦 平成27年10月23日 東京大学医学部鉄門記念講堂
第12回医療機器フォーラム コンビネーションプロダクトの最前線 −開発から上市化へ− 平成26年 9月19日 東京大学工学部2号館1階213講義室
第11回医療機器フォーラム 医療機器ソフトウェアとセキュリティの規格に係る最前線:ソフトウェア及び医療通信システムの品質・安全性確保 平成25年10月15日 長井記念ホール
第10回医療機器フォーラム 製品開発/上市化の最前線 平成24年 9月18日 長井記念ホール
第9回医療機器フォーラム 植込み型補助人工心臓の最前線:日本発の技術と血液適合性評価 平成23年10月 3日 長井記念ホール
第8回医療機器フォーラム 動物実験の最前線:疾患動物治療を用いる医療機器の有効性、安全性評価 平成22年10月15日 長井記念ホール
第7回医療機器フォーラム 再生医療製品の開発から薬事承認に至る現状と問題点の共有 平成21年10月30日 長井記念ホール
第6回医療機器フォーラム 医療機器審査をめぐる最近の動向 次世代(細胞組織)医療機器最前線と品質・安全性 平成20年10月18日 コンファレンススクエア・エムプラス サクセスホール
第5回医療機器フォーラム 新しい制度とテクノロジーによる医療機器開発戦略 平成19年10月27日 コンファレンススクエア・エムプラス サクセスホール
第4回医療機器フォーラム 新しい制度と次世代型医療機器開発について 平成18年10月28日 日本科学未来館 みらいCANホール
第3回医療機器フォーラム 製品実現を効率的に進めるためには(研究から臨床まで) 平成17年10月22日 日本科学未来館 みらいCANホール
第2回医療機器フォーラム 医療機器・細胞組織医療機器の前臨床試験等について 平成16年10月23日 日本科学未来館 みらいCANホール
医療機器フォーラム設立記念シンポジウム 「21世紀の医療機器 Tissue Engineering ― 開発と評価」 平成15年10月25日 こまばエミナース ダイヤモンドルーム


医療機器フォーラム事務局
〒158-8501 東京都世田谷区上用賀1-18-1
国立医薬品食品衛生研究所医療機器部内
配島由二
ホームページ:http://dmd.nihs.go.jp/iryokiki/
電子メール:iryokiki@nihs.go.jp
Tel: 03-3700-4842(直通)


(2016.06.07更新)
Copyright (C) 医療機器フォーラム
 (無断での転載は御遠慮下さい)