新聞の見出しから - 1997/08 Up DMD NIHS

防虫剤のパラジクロロベンゼン 「人に発がん性なし」

1997.8.29 日経朝刊

厚生省の家庭用品専門家会議が報告書まとめた


ご注意!電池事故多発 破裂、誤飲.. ほとんどが子どもの被害

1997.8.29 産経朝刊

国民生活センター調査で明らかに


「体に優しい」衣料品続々 疲れをやわらげる、アレルギーを抑える、心地いいリズムの素材 アパレル各社、開発強化

1997.8.27 日経朝刊


換気もしないとイカンダニ 「シックハウス症候群」の原因 室内の有毒物質でダニ、カビが減少 奈良女子大と松下電器が共同研究

1997.8.25 毎日朝刊


カビ 水かければ500倍 大阪市立環境研が調査
湯、湯気では増えず 「ふろ掃除には温水を」

1997.8.24 読売朝刊

カビに水をかけるとそこから発生する胞子による「浮遊カビ」は一挙に500倍に増え、湯をかけると増加しない


<天声人語>

1997.8.23 朝日朝刊

その辺に病原菌がいて、だれでも感染の危険がある。感染症が伝染病と呼ばれていた頃の基本に戻ること。


<虫めぐるビジネス>ダニ退治請負人走る 企業も個人も清潔さ求め

1997.8.22 日経夕刊


活性炭素繊維 従来品に金属加えたら.. 抗菌+脱臭+防カビ
大ガスとユニチカが開発

1997.8.22 毎日朝刊


アレルギー発生の瞬間キャッチ 広島大グループ ビデオ顕微鏡で解析

1997.8.21 産経朝刊

広島大医学部の升島教授と小沢講師らのグループ
生きた細胞を2万倍に拡大し観察できる「ビデオ顕微鏡解析システム」開発
21日からの解析バイオサイエンス・インターネット国際会議で発表する


アトピー性皮膚炎 「対策商品」の開発進む 患者1200万人 関心切実

1997.8.20 産経朝刊

ダニを寄せ付けない寝具や症状の悪化を防ぐ低刺激性のせっけん、シャンプーなど


建材、洗剤、大気汚染.. 化学物質過敏症 ”犯人”を探せ 国や大学取り組み本格化
「怠け病」なんて言わないで 患者たちも結束

1997.8.18 毎日朝刊

北里研究所病院では2年後に化学物質過敏症の研究・治療を目的とする「臨床医学センター」を設立する予定
昨年3月には「化学物質過敏症患者の会」が設立されている


<MONOもの語り>蚊取り製剤 防虫効果ぐーんと長持ち

1997.8.17 読売朝刊

蚊取り線香が始めて登場したのは1890年


<エコノ探偵団>抗菌商品なぜヒット? 効き目よりイメージ優先 日本だけ大ブーム 容易な商品化に企業殺到

1997.8.17 日経朝刊

安全のためにはまず本当に抗菌が必要かどうか考えてから使うこと、企業には自主基準を作り、十分なデータを提供する義務があるとの指摘も


目につく抗菌グッズ 清潔志向に乗り各分野に 中には効果ない製品も

1997.8.17 毎日朝刊

「抗菌」に似た用語 殺菌、滅菌、消毒、除菌、静菌


ボタン型電池 乳幼児の誤飲気を付けて 簡単に外れるふた多い 最悪の場合手術も

1997.8.17 読売朝刊


<内視鏡>「日焼けサロン」で健康障害

1997.8.17 朝日朝刊

東京慈恵会医大皮膚科の上出助教授らが全国の大学病院皮膚科108施設と都内の554の皮膚科専門施設にアンケート


はな肌迷惑 紫外線 UVカット商品多彩

1997.8.9 産経夕刊

UVカットの使い捨てコンタクトやUVカット水着など
日本気象協会でも今年4月から「新・紫外線情報」開始 きめ細かな紫外線情報を提供している


<続発想無限大 元気な現場>抗菌剤(下)変色防止策研究に3年 製氷器タンクが突破口

1997.8.8 読売朝刊

無機抗菌剤ゼオミック


<あっとQ>暮らし 「UV加工」日傘の効果は

1997.8.8 毎日朝刊

布地が緻密で大きいサイズのものを選ぶ。「UV加工」と過信せず、常に体をすっぽり覆うよう心がけを。


<産業医の目>ハチ刺され 度重なると症状重く

1997.8.7 毎日夕刊

何回も刺されていくうち、体内でアレルギー反応が強くなり、時にはショック死も


<続発想無限大 元気な現場>抗菌剤(上)埋れた素材・銀に着目
研究成果、他社で結実

1997.8.7 読売朝刊

従来の消毒剤に比べると耐熱性などが格段に優れた「無機抗菌剤」と呼ばれる新型の製品。 その国内シェアの約6割を品川燃料(シナネン)という企業が握っている。


建材や塗料から発生 住宅の化学物質調査へ 厚生省
規制値導入を検討 過敏症も研究

1997.8.6 日経朝刊


<病院で聞く言葉>免疫 異物から体を守る

1997.8.4 日経夕刊

免疫は、体を異物から守る素晴らしい仕組みだが、しばしば不都合なことを引き起こす


知っていますか? 頭痛・けん怠感・自律神経障害
洗剤、添加物、排ガス 身の回りにあふれる原因 休息と睡眠 温泉も効果

1997.8.2 読売朝刊


NIHS / DMD / isama@nihs.go.jp