新聞の見出しから - 1998/02 Up DMD NIHS

塩ビ製おもちゃ「廃止を」

1998.2.27 読売朝刊

環境保護団体「グリーンピース・ジャパン」、塩化ビニール製の子供用がん具には環境ホルモンと指摘されている物質が含まれているとして申し入れ


子供用の食器から基準超す化学物質
大阪府と市、回収命令

1998.2.26 毎日夕刊

食器に「ビスフェノールA」基準値超え検出


<投書欄>抗菌グッズは気持ちが悪い

1998.2.26 朝日朝刊

菌が死ぬような「毒」を塗り付けてある抗菌グッズなど気持ち悪くて買えないので安全な品さがしに苦労している


植物の精油でマッサージ アロマセラピー 皮膚炎防ごう 専門家がガイドライン作り

1998.2.26 読売朝刊

適正な使い方をすれば生活に潤いをもたらすが、間違った使い方による皮膚炎などの被害も出ている


ホルムアルデヒド 化学反応で別物質に

1998.2.26 日経朝刊

シックハウス症候群の原因とみられる空気中のホルムアルデヒドを化学反応で吸着する薬品を開発


ごみ減量へ期待のプラスチック容器 生殖障害物質が溶出 環境庁、導入断念

1998.2.24 朝日朝刊

軽くて強いプラスチック容器 お湯などを繰り返し入れると環境ホルモン物質が溶け出すことがわかった


家庭喫煙の実態クッキリ 石川県の保健所が3歳児検診時に調査
「子供のそばで吸う」…父66%、母58% 半数以上は配慮欠く

1998.2.24 産経朝刊


「何でも抗菌」見直し 過度の”清潔症”に歯止め 効果実証できず

1998.2.23 日経夕刊

東京医科歯科大の藤田教授は、人間と細菌の持ちつ持たれつの関係を子供向けに説明した米国の絵本の翻訳を進めており、5月に講談社から出版される予定


<どうしました>コンタクトレンズで目に傷 気づかず使うと治療が必要

1998.2.22 朝日朝刊

便利だが眼鏡よりは目の負担が大きくなる。定期的に医師の診察を受けながらの使用を。


水道水中のトリハロメタン 流産危険性、米で指摘 基準値内でも大量摂取で

1998.2.19 読売朝刊


環境ホルモンによる水産資源影響調査へ 水産庁

1998.2.19 読売朝刊


環境ホルモンの溶出 カップめんから「スチレン」 横浜国大試験
沸騰した湯を注ぎ5分後 1〜33ppb検出

1998.2.19 毎日朝刊


ダイオキシン 大気中濃度全国ワースト1 堺市、母乳を調査へ

1998.2.18 産経朝刊


危ないジャーあ〜りませんか 電気ジャーポット 給湯時に蒸気漏れ 府立消費生活センターがテスト結果

1998.2.18 産経朝刊


花粉症の季節目前 対策商品ますます充実 スーパー・百貨店 売り場を拡充

1998.2.17 日経朝刊


<清潔ニッポン健康学>アレルギー反応 発症抑える秘密、寄生虫に

1998.2.16 朝日朝刊


和包丁 防菌効果高い木製柄 堺の会社開発 O157対策に一役か

1998.2.16 朝日朝刊


<追跡社会>ポケモン被害原因を探る PSE(光感受性てんかん)は氷山の一角
偶然重なり強刺激? 素因のない子供も発作
テレビゲームでの被害、90年代前半に多発 消極的だった政府対応

1998.2.15 毎日朝刊


缶切り不要の缶詰のふた「指切る恐れ、注意を」群馬県消費生活センター

1998.2.14 日経夕刊


第4回アレルギー週間 2月17日〜23日 これからのアレルギー対策

1998.2.13 朝日朝刊

奥田・日本アレルギー協会理事長ほか4氏による対談
アレルギー週間によせて 中央記念講演会 2月22日(日)午後1時〜東京ヤクルトホール
日本アレルギー協会ホームページ http://www.vkn.co.jp/jaf/index.html
ジャネット(JAANet) http://jannet.vkn.co.jp/index.html


スギ、ヒノキ次々襲来 花粉症の早めのケアを
悲散量、平年より少なめだが… 高温、低温、風の強い日注意

1998.2.12 産経朝刊


24時間風呂の水 酸化させて殺菌

1998.2.10 日経朝刊

生物膜などを使う従来機種よりも、レジオネラ菌などの繁殖を長く抑えることができる


<診療室から>事故 家の中の危険、気配りで除く

1998.2.5 朝日夕刊

子供の周りは常に危険がいっぱい。身の回りを見直して、子供を家庭内の事故から守ろう。


<ニュース複眼>内分泌かく乱物質の不安 欧米に比べ対策で遅れ

1998.2.4 日経夕刊

体内に入るとまるでホルモンのようにふるまい、精密なホルモンバランスによって維持されている性的成熟や生殖行動を乱す


アロマセラピー 「自然だから安心」は危険
無資格治療でトラブルも 正しい知識の普及こそ急務
医療従事者らで学会発足 一般参加OKの勉強会も

1998.2.4 産経朝刊

第1回日本アロマセラピー学会総会は22日午前9時半から千里ライフサイエンスセンターで開催
問い合せ(03-3771-3122)


新築住宅で頭痛・けん怠感… 「シックハウス症候群」急増
まず換気こまめに 健全な食生活も大事

1998.2.2 日経夕刊


”ケータイ”電磁波と脳腫瘍の関係調査へ

1998.2.2 読売夕刊

国際がん研究所が世界8カ国で調査を行う


NIHS / DMD / isama@nihs.go.jp