新聞の見出しから - 1998/05 Up DMD NIHS

花王 カビとり洗浄剤「カビとりハイター」
臭気抑え安全にも配慮 詳しい説明書を添付 スプレーに工夫 泡たれず

1998.5.31 日経朝刊


<LLナルホド リポート>アレルギーの抗原は、へなちょこで、超しつこいのだ!!
愛知学泉大学教授、日本アレルギー学会理事、アレルギー専門医 鳥居新平先生にインタビュー

1998.5.30 朝日夕刊


能勢町のダイオキシン問題 初の汚染土壌撤去へ
豊能郡環境施設組合 住民に試案提示

1998.5.30 産経朝刊


ダイオキシン基準厳しく WHO専門家会合が結論
政府 対策の見直し必至
解説:食品安全基準議論に

1998.5.30 日経朝刊


コプラナーPCB 環境庁が汚染調査 ダイオキシン規制を検討

1998.5.30 日経朝刊


環境ホルモン学会発足へ 来月9日に総会

1998.5.30 産経朝刊

国立環境研究所の森田統括研究官や横浜市立大学の井口教授らが発起人となり6月9日東京の学士会分館で発足総会開催


精子減少 ”健康者”は20代4%、中年9%
環境ホルモンが関係? 大半、WHO基準満たず 帝京大医学部押尾講師調査

1998.5.28 産経朝刊


上を向いて洗おう 浴室カビ 天井にあり 上手に防ぐコツは?
お湯でくまなく掃除を 防カビ加工も5年限度 「早めに湯落とし」誤解

1998.5.27 朝日朝刊


環境ホルモンなど300物質 水質監視対象に指定 環境庁
土壌ダイオキシン20焼却施設で汚染度調査へ

1998.5.27 産経朝刊


<主張・解説>ダイオキシン汚染 広がる不安 母乳は大丈夫? 解明急げ
意見分れる専門家ら:「授乳3カ月までに」<>「制限せず飲ませて」

1998.5.27 朝日朝刊


環境ホルモン総量測定法 開発 酵母使い世界初
淀川水系調査も 京大グループ

1998.5.27 毎日朝刊


<記者の目>環境ホルモン報道 「過剰」の声に異議あり
生殖異常、懸念は当然

1998.5.27 毎日朝刊


ダイオキシン 能勢の汚染土 1000ピコグラム以下も除去
横山知事、積極姿勢示す

1998.5.27 毎日朝刊


環境ホルモン 職場の対策探る 労働省が検討会設置
農薬管理手法など調査 医学機関連携促す

1998.5.26 日経朝刊


<深層>環境先進国・独のダイオキシン対策
ごみ 燃やさない(焼却率25%) 増やさない(紙再生94%)
たい肥化し市民に無料配布 リサイクル徹底
土壌汚染の基準作り急げ 環境監視研究所 中地さんが提言

1998.5.26 毎日朝刊


全国263地点を調査 年度内に発生源推定 環境ホルモンで建設省

1998.5.26 毎日朝刊


ダイオキシン影響 乳児の発育を比較 能勢、豊能町 データ分析へ

1998.5.26 読売朝刊


<売れ筋 Best5>紫外線防止化粧品

1998.5.25 日経夕刊

肌によくない紫外線(UV)を防止する化粧品はいまや通年商品だが、この季節になると需要が一層高まる


環境ホルモン 日米で共同研究探る 実態解明に向け協力

1998.5.25 日経朝刊


環境ホルモン 全化学物質を検証 厚生省 12年にも規制値設定
環境庁方針 水質「要調査項目」を新設 ダイオキシンなど300物質

1998.5.24 産経朝刊


環境ホルモン巡り 来月、東京でシンポ 内外から研究者参加

1998.5.23 日経夕刊

6月29、30日 国際交流会館で開催


「ダイオキシンで健康被害」 所沢市長を告発へ 主婦ら3人

1998.5.23 読売朝刊


低温焼却でダイオキシン発生 塩ビ素材全廃へ
シャープ、2000年めどに

1998.5.23 毎日朝刊


ダイオキシン その場で濃度測定 九大が装置 時間も数分に短縮

1998.5.23 日経朝刊


<環境ホルモン 増幅する不安(下)>食器類に厳しい目
「大丈夫か」照会相次ぐ

1998.5.22 日経夕刊

PC製の食器使用を見直す動きが出ているが、安易にプラスチック製品を廃棄するとダイオキシン問題に発展する恐れもある


<夏ビジネス本番>我が子に日焼け止め 日常生活に利用広がる

1998.5.22 日経夕刊

今年は子供用の日焼け止めも発売されている


プラスチック抗菌製品 名に偽り
14点中12点 全検査失格 大阪市消費者センター

1998.5.22 読売朝刊

「抗菌」効果なし まな板など調査


市民公開講座 皮膚のアレルギー
28日、オーバルホールで

1998.5.22 毎日朝刊

第97回日本皮膚科学会総会関連イベント 5月28日14時〜17時


母乳、心配なお母さんへ
ダイオキシン 食生活に注意すれば体外へ排出促せます
繊維質、緑黄色野菜を多くとる

1998.5.22 毎日朝刊

蓄積したまま、は誤解。母乳をやめるとデメリットの方が…。


<環境ホルモン 増幅する不安(上)>「母乳は危険?」混乱も
情報が独り歩き

1998.5.21 日経夕刊

断片的に伝わってくる専門情報に対する誤解や早とちりが過剰不安を引き起こしている


<深層>ダイオキシン対策遅れなぜ
「国、実態調査怠った」研究者批判
規制、欧州では86年 日本はここ1,2年
炉大型化、広域ごみ処理計画「減量化逆行」懸念の声も

1998.5.21 毎日朝刊


環境ホルモン 「ビスフェノールA」缶詰塗料から
ただし基準値以下 大手2社公表

1998.5.21 毎日朝刊

生活クラブ生協の求めに東洋製缶と北海製缶がデータ公開


昆虫の分泌物や柿渋… 自然塗料に注目!!
室内の空気汚さず、高級感のある仕上がり

1998.5.21 読売朝刊


環境ホルモン 化学物質を総点検
人体への影響調査 厚生省方針

1998.5.20 読売夕刊


ダイオキシン不安 自治体側を動かす
健康診断・住民と共同調査 西日本各地

1998.5.20 読売夕刊


環境ホルモンが警告する時代に 望ましい科学の条件

1998.5.19 産経夕刊

人間に牙をむく科学はいらない。 この水の星に多種の生命がたくましく再生できるという条件を満たさない科学は拒否すべき。


空気清浄機の効果は 異物の種類で性能に差
ファン式、たばこに有効 用途に合わせて選択を

1998.5.18 日経夕刊


消費者「安全か有害かに二分」 専門家「有害かどうかは量で」
化学物質 アンケで認識格差鮮明に

1998.5.18 毎日朝刊

「化学物質リスク・コミュニケーション手法検討会」のアンケートで明らかに


電気ジャーボット 湯漏れに注意 国民生活センター
9種類テスト 大型冷蔵庫超える消費電力

1998.5.18 朝日朝刊

蒸気が漏れてやけどの危険があるものや、倒したり傾けたりすると多量の湯がでるものがあることなどがあった


高濃度の環境ホルモン 大阪市の河川も検出 ノニルフェノール

1998.5.17 朝日朝刊

大阪府公害監視センター調査


食品業界 環境ホルモン問題 容器変更や調査の動き

1998.5.17 朝日朝刊

日本即席食品工業協会では民間の研究機関に調査依頼、セ氏90度の熱湯では環境ホルモンの疑いのある化学物質は溶け出さないことを確認したという


能勢・ダイオキシン禍 1カ月
町の対策、動き出したが、土壌処理前例なく

1998.5.16 毎日夕刊


しのび寄る「環境ホルモン」の恐怖 地球の未来を守るとき

1998.5.16 産経夕刊

すでに地球のいたるところにばらまかれてしまった環境ホルモンは長い期間を置いて次世代により強い影響が出てくるだけに、一過性のブームに終わらせてはならない


ダイオキシン大気濃度調査 大阪府3市指針値超す
最高は泉大津市役所 廃プラスチック焼却施設 36か所も調査へ

1998.5.15 読売夕刊


環境ホルモン情報センター 島津製作所が設置

1998.5.15 読売朝刊

「島津環境ホルモン分析情報センター」を設置


<意見広告>カップめんの容器は、環境ホルモン(スチレンダイマー・スチレントリマー)など出しません

1998.5.15 各紙朝刊

容器に微量含まれているスチレンモノマーは環境ホルモンではない。 「これからも安心してカップめんをお召上がり下さい」という日本即席食品工業協会の意見広告。


台所、トイレなどの水回り用品 抗菌効果に疑問の声
販売中止のメーカーも 実用性に乏しい銀加工
消費者も過大評価

1998.5.14 読売朝刊

抗菌だから安心という消費者の誤解を招くことが怖いと専門家は警告


厚生省調査 火葬場からもダイオキシン

1998.5.14 毎日朝刊

全国10カ所の火葬場を対象に行った初の調査


ダイオキシン 病院焼却灰から1万9千ピコグラム
過去最高レベル 千葉

1998.5.13 毎日夕刊

千葉市内の誠馨会加曽利病院敷地内にある廃棄物焼却炉


豊能、能勢町に府が全面支援約束
厚生省、環境庁 汚染土入れ替え「技術面で支援」

1998.5.12 毎日夕刊


製氷機付き冷蔵庫の氷にカビ 初期型 受け皿に問題

1998.5.12 読売朝刊

1995年ごろより以前に発売された自動製氷機付き冷凍冷蔵庫


ダイオキシン 環境ホルモン 全国一斉に調査
環境庁 土壌・排水・生物など

1998.5.12 朝日朝刊


染毛剤でトラブル 使用前にはテストを
酸化タイプで傷み 種類別使用法確かめて

1998.5.11 日経夕刊


子供転落…カート事故増加 国民生活センター
ベルト装着など対策へ でも親の注意が一番です

1998.5.11 読売夕刊


環境ホルモン検出指針統一 OECD作成着手 国際規制へ布石

1998.5.11 日経夕刊

経済協力開発機構(OECD)に加盟する日米など29カ国


ダイオキシン汚染問題 「民高官低」の対応
住民側:ごみ分別進み学習会次々 豊能町:説明会も広報活動もなし

1998.5.11 読売夕刊


ダイオキシン 旧指針徹底で激減
高濃度検出のごみ焼却施設 厚生省の甘さ露呈
なぜもっと早く… ダイオキシン旧指針対応 費用惜しみ? 自治体後手
解説:ダイオキシン対策 住民の協力も不可欠 ごみ分別、広域化にも課題

1998.5.11 毎日朝刊


幼児期、魔法瓶の底抜け大やけど 23年後の損害賠償
女性「気持ちを清算」 メーカー「欠陥、判断できぬ」 大阪地裁

1998.5.9 日経夕刊


有害物質のPCB・DDT 日本近海の汚染拡大
途上国の廃棄原因? 愛媛大調査

1998.5.9 日経朝刊


大阪・能勢町 ダイオキシン ばいじんが”運び役”
対策委「重い粒子に付着,降下」

1998.5.9 毎日朝刊


環境ホルモン 70物質を全国調査 環境庁が解明計画発表

1998.5.8 読売朝刊

へその緒・精子を調査 下旬に検討会発足(日経)


<もの知りエース>環境ホルモン 調査と研究ようやく本格化
生殖、免疫機能に影響か

1998.5.7 読売夕刊


ダイオキシン対策で厚生省 旧指針策定時「ろ過式」集じん見送る
義務化に自治体抵抗

1998.5.7 毎日夕刊


室内汚染どう防ぐ 備長炭利用が効果的 化学物質を除去
新築、リフォームは天然素材の材料を

1998.5.7 毎日朝刊


<社説>ダイオキシン 土壌の汚染対策も早く

1998.5.7 朝日朝刊

目に見える被害が出てからでは遅い


ダイオキシン 90年予想の倍以上発生
97年、厚生省 旧指針、既設炉野放しで

1998.5.7 毎日朝刊


環境ホルモン「ノニルフェノール」 河川水や泥から検出
下水処理場近くで高濃度 名古屋市内

1998.5.7 朝日朝刊


「シックハウス物質」換気後2時間で再び元の濃度に

1998.5.5 毎日朝刊

「健康住宅研究会」の分科会の実験結果


燃やしても有毒ガス出さない 難燃プラスチック開発 NEC

1998.5.5 朝日朝刊


ダイオキシン既設炉改良、自治体任せ
厚生省 旧指針後6年間

1998.5.5 読売朝刊


<ズームイン>化学物質監視へ国も動く
「灰色」部分も抑制努力 次期国会向け法案準備

1998.5.4 日経朝刊


能勢町のダイオキシン汚染 メーカーに補償要求
住民集会で町長意向

1998.5.4 産経朝刊


<使い勝手>光触媒のガラス食器 蛍光灯でも抗菌、防臭効果

1998.5.3 読売朝刊


出口見えぬ「高濃度ダイオキシン問題」
めだつ温度差 処分、改修何も決まらず
能勢町:深刻な風評被害、豊能町:焼却炉再開望む
町長さん、必要なのは勇気です 島田紳助さん 2度目の意見広告

1998.5.3 産経朝刊


<風向計>化学物質の基本法を

1998.5.2 日経朝刊

環境ホルモンが人に及ぼす影響はまだよく分かっていないが、「科学的な立証を待っていては手遅れになる」と警告する立川高知大学長


発がん性物質 大気中に大量排出
環境庁 事業所報告受け推計

1998.5.2 読売朝刊

発がん性が確認されているベンゼンなど8物質、内分泌かく乱物質とされるフタル酸ジエチルヘキシルなど12物質などが排出されていた


有害化学物質排出 企業、家庭から134種
環境庁調査 発がん性、生殖毒性も
排出・移動登録制導入の実験事業

1998.5.2 毎日朝刊


<ワイドTODAY>環境ホルモン 解明のメス まだ入り口
「猛毒」不安 独り歩き 精子減数「可能性の一つ」
ダイオキシンやPCB67化学物質に疑い

1998.5.2 読売朝刊

環境庁は近く「行政、学界、産業界の連携が必要」とする「環境ホルモン対応方針」を正式発表する。 これには正確な情報を速やかに公表し、過剰な環境ホルモン騒動を抑止したいとの狙いがある。


急増するアレルギー疾患 ストレスが引き金にも
生活環境の変化に注意 心身両面の治療が効果 リラックスする時間を

1998.5.2 朝日朝刊

国立精神・神経センター国府台病院の吾郷副院長作成のストレス度チェック 5つ思い当れば要注意


環境ホルモン対策急げ 環境庁初の方針 精子数を調査

1998.5.1 読売夕刊


ダイオキシン問題で全国初の母乳調査へ 大阪・能勢

1998.5.1 産経朝刊


能勢のダイオキシン問題 動揺防止へ池田市
チラシ作戦 基準濃度大きく下回っています

1998.5.1 産経朝刊

能勢町下流の池田市 広報誌の5月1日号でアピール


能勢のダイオキシン汚染 汚染土・焼却炉 対応決まらぬまま
今日ようやく対策本部 高濃度の原因も未解明

1998.5.1 朝日朝刊


NIHS / DMD / isama@nihs.go.jp