新聞の見出しから - 1999/05 Up DMD NIHS

電磁波ピシャリ 新素材ワイシャツ開発

1999.5.29 産経夕刊


家庭の事故なぜ起こる 「解析棟」で状況を再現 国民生活センター

1999.5.29 読売朝刊

家庭内事故解析棟がこのほど完成した。


<トレンド見つけた>UVケア水着 紫外線から子供守れ

1999.5.28 産経朝刊


電磁調理器テストしたら…
平らな置き場 なべ滑りやすい、
空だきすればプレートも加熱、油温設定高くなる傾向も
「やけど事故にご用心」大阪府消費生活センター

1999.5.28 読売朝刊


子どものアトピー原因 母乳ダイオキシン説に異議
根拠のNPO作成グラフ 専門家「データ読み誤り」 本監修者ミス認める

1999.5.27 読売朝刊

埼玉県に事務局を置くNPOが独自に作り97年9月に出版した本で発表したグラフ。


化粧品、全成分の表示 浸透 選択の手助けに
各社、消費者窓口も拡充

1999.5.26 日経朝刊


「電磁波カット」のシール、エプロン
公取委、3業者に警告 「誤招く恐れ」

1999.5.26 毎日朝刊

「携帯電話にはると電磁波が無害になる」、「身につければ電磁波を100%近くカットできる」などと宣伝。


有毒のコプラナ−PCB 公園などで異常値検出
大阪市 土地利用を調査へ 通常値の数十倍も

1999.5.26 毎日朝刊


歯周病の新治療法 牛歯のセメント質利用 大阪歯大など開発

1999.5.17 読売夕刊

大阪歯科大の歯周病学講座の西村講師が北海道大大学院工学研究科の棟方教授、鐘紡医用材料グループと共同で開発。


<ズームイン>万能細胞応用 指針作りへ
「医療・産業」で期待 倫理問題は未消化

1999.5.10 日経朝刊


<化粧品 コスメ最前線(下)>日焼け止めクリーム
質の高い化粧品は技術研究開発から
「耳当たりのいい宣伝に頼ってはダメ」

1999.5.8 産経朝刊


牛乳の糖使い風邪予防
名古屋大と静岡県立大 ウイルス吸着剤開発

1999.5.8 日経朝刊

名古屋大大学院工学研究科の小林教授ら、牛乳に含まれるシアリルラクトースと高分子材料のポリスチレンを組み合わせて人工高分子をつくった。


「処置」から「予防」へ意識転換を 子供の事故”防止マニュアル”
誤飲:32ミリの円筒通るものは危険
浴槽転落:2歳までは”残し湯”しない

1999.5.4 産経朝刊

横浜の緑園こどもクリニックの山中院長「子ども誤飲・事故(やけど・転落など)を防ぐ本」を出版。


<いざというときに>耳に異物が入った 無理に引き出してはダメ

1999.5.2 朝日朝刊

ポイント:甲虫類やプラスチック弾のような摘出が難しいものはすみやかに耳鼻科で除去してもらう。 簡単な異物を耳鼻科以外の診療機関で摘出してもらうとき、子供の場合しっかりと頭を抑え治療しやすくすることが必要。


NIHS / DMD / isama@nihs.go.jp