新聞の見出しから - 2001/01 Up DMD NIHS

<再生医学 新たな医療を求めて>培養表皮 事業化へ
ベンチャー企業やコンタクトメーカー 軟骨や血管も計画

2001.1.31 読売夕刊

医療機器メーカーや製薬会社など4社が1999年2月に設立した「ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング」。


<技あり>抗菌タイル、水滴つかないミラー…
用途広がる光触媒 酸化チタン薄膜が活躍
さび止め効果も実用化間近 藤嶋東大教授ら研究

2001.1.29 朝日夕刊

医療や食品関係を中心に利用が広まるとみられる商品もある。


<サイエンス・アイ>再生医療の示す道 人の治癒能力生かせ

2001.1.29 日経朝刊


人工肛門、患者がコントロール トーキン東北大など 形状記憶合金で

2001.1.29 日経朝刊


コンタクトレンズで目に障害 購入時に医師の検査を
国民生活センター

2001.1.28 朝日朝刊

昨年度77件の危害情報が国民生活センターに入った。 今年度は更に上回る勢い。


シックハウス対策 汚染化学物質の濃度 測定基準JIS化へ

2001.1.28 読売朝刊


点滴チューブ”脱・塩ビ”へ 医療器具メーカー 切り替える動き
添加剤溶出が心配 透析容器なども 市民団体も病院に追放訴え

2001.1.26 毎日朝刊


目の痛みと頭痛 シックハウス症候群 主婦の悩みは…
住宅リフォーム関連会社が調査 「炭や茶がらを置いて吸着」対策に生活の知恵

2001.1.26 毎日朝刊


化学物質を分解 壁材開発に成功 段谷産業

2001.1.17 産経朝刊

ホルムアルデヒドを吸収し分解する。


ストップ!乳幼児の誤飲事故 新製品が登場
押さないと空回りするフタ、危ない物の大きさ測る機器

2001.1.12 朝日朝刊

「セーフティーキャップ」や「誤飲チェッカー」紹介。


「シックハウス症候群」に朗報
ホルムアルデヒド 壁材が吸収・分解 段谷産業開発

2001.1.11 朝日朝刊


携帯危険距離は新聞見開きサイズ84センチ
医療機器の誤作動確認 5センチ以下では人工呼吸器停止 米の機関

2001.1.10 毎日夕刊

メイヨークリニックの研究グループが実験で確かめ発表した。


<再生医学 新たな医療を求めて>生命科学の拠点
関西に続々 最先端 世界へ発信
「彩都」でバイオ研究 2004年街開き

2001.1.10 読売夕刊

神戸医療産業都市構想、彩都など。


<新 神への挑戦 生命を再生する>移植臓器”作る”時代へ
心筋細胞培養も成功

2001.1.10 毎日朝刊


日常的な事故 46事例 国民生活センターが本にまとめ出版

2001.1.7 読売朝刊

「くらしの危険 あなたの身のまわりは危険がいっぱい!」 国民生活センター編著(主婦の友社) 1000円。


”人工眼”で高齢者に光を 光ダイオードを網膜に埋め込み
2010年実用化へ 通産・厚生 今春 研究開始

2001.1.3 毎日朝刊

人工視覚機器の研究開発に乗り出す。


NIHS / DMD / isama@nihs.go.jp