新聞の見出しから - 2001/02 Up DMD NIHS

人間の脂胞から軟骨組織を作成 米大「実用化3〜5年で」

2001.2.28 日経夕刊


マッサージ器の着用者また死亡 稚内の67歳女性が窒息

2001.2.24 日経朝刊


心臓ペースメーカーや人工血管・コンタクト
医療用具も市販後調査 安全情報収集義務づけ方針

2001.2.21 朝日夕刊


<再生医学 新たな医療を求めて>移植の問題点解消する道
遺伝子や患者自身の細胞を利用 弱った組織の再生補う

2001.2.21 読売夕刊


接触皮膚炎に注意 携帯電話や衣類の金属部分が原因
日常生活用品だけに意外と気づかず クロムやニッケルなどにアレルギー反応
コーティング液でカバーする方法も

2001.2.21 産経朝刊


神戸市 再生医療の産業化拠点に 「細胞培養センター」開設へ

2001.2.19 産経夕刊

ポートアイランド二期地区に開設する。


失った歯の組織 再生
阪大グループ、動物実験で 歯周病治療に応用へ

2001.2.19 日経朝刊

塩基性線維芽細胞増殖因子(bFGF)という物質を使った再生治療。


パラジクロロベンゼン シックハウスの原因追放
環境NGOがシール作製

2001.2.19 朝日朝刊


医療事故届け出は義務か
医師「刑事責任恐れて萎縮」、遺族「警察介入拒否は保身」
黙秘権と兼ね合い 議論 検証機関づくりへ動き

2001.2.18 朝日朝刊


医療事故防止対策室新設へ 厚労省

2001.2.17 読売朝刊

4月から「医療安全対策室(仮称)」を新設する。


<夕刊トレンド からだ>睡眠中に視力矯正 コンタクトで角膜の形状変化
熟練の治療必要 健康保険は適用外

2001.2.16 日経夕刊

治療用ハードコンタクトレンズの持つ「コルセット効果」でレンズを正常な形に戻す「オルソ・ケラトロジー」。


シックハウス症候群 準揮発性有機化合物と健康 大阪府が調査へ

2001.2.14 毎日夕刊


再生医学を優しく解説

2001.2.12 日経朝刊

国際科学技術財団が27日、銀座のガスホールで「骨・軟骨を再生する〜再生医学と材料」をテーマに「やさしい科学技術セミナー」開催する。


<ヘルプ>使い捨てコンタクトで角膜に傷 >>酸素不足による上皮欠損

2001.2.12 読売朝刊


医療事故続発で厚労省 「安全対策室」を設置
4月から総合施策の拠点に

2001.2.10 毎日朝刊


人工血管使い血管再狭窄防止 大阪のベンチャー企業
米で特許取得 日本発の治療法、世界へ

2001.2.8 読売夕刊


日本医科大 脳にワイヤ 「手術ミス明らか」助手の医師会見

2001.2.8 毎日夕刊


<再生医学 新たな医療を求めて>特許取得の国際競争激化
大阪大のベンチャー 米国進出のモデルに

2001.2.7 読売夕刊


再生医学ワークショップ開催

2001.2.4 読売朝刊

3日大阪で開催され約300人が参加した。


内視鏡手術用の使い捨て器具 9割の病院、再利用
看護協会の研究者調べ 滅菌困難 劣化も不安

2001.2.2 朝日朝刊


<未来戦略>研究に倫理的課題も 製薬各社、再生医療に注力

2001.2.2 日経朝刊


再生医療応用へゲノム解析 宝酒造 VBと提携

2001.2.2 日経朝刊


狂牛病に感染の恐れ 美白化粧品販売停止

2001.2.1 朝日朝刊

生活クラブ連合会とグリーンコープ連合は、プラセンタなどを使った化粧品の販売を停止。


医療事故 1つの病院 年平均130件 日本病院会調べ

2001.2.1 朝日朝刊


NIHS / DMD / isama@nihs.go.jp