新聞の見出しから - 2002/03 Up DMD NIHS

アトピーに優しい下着 かゆみ鎮める繊維応用 国の法人開発委託

2002.3.31 読売朝刊

特殊法人・科学技術振興事業団が開発に乗り出す。


ヒトや動物組織原料の医薬品・用具 健康被害を早期救済
厚労省が制度創設へ 薬害エイズ教訓に

2002.3.30 日経朝刊


国産 ES細胞承認 臓器や組織の再生実現に期待
研究者には一層の倫理的責任

2002.3.29 読売朝刊


ES細胞から腸管 消化管は初、マウスで 奈良医大

2002.3.29 朝日朝刊


心臓向け医療器 突然停止で改修 アイシン精機

2002.3.27 日経夕刊

大動脈内バルーンポンプ駆動装置


苦しい胃カメラにサヨナラ CTスキャン快調
発泡剤飲むだけ 大阪の病院実用化150人利用

2002.3.27 毎日夕刊

「仮装内視鏡」医誠会病院で実用化、日本医学放射線学会で成果を発表する。


人間のES細胞で血管細胞作製成功
マサチューセッツ工科大、世界初

2002.3.26 読売夕刊


<ニューフェース>乱視用コンタクトレンズ

2002.3.26 日経朝刊

ジョンソン・エンド・ジョンソンから「2ウィーク アキュビュー トーリック」


ニプロ 切れた神経再生 動物実験成功
用具、2005年メド製品化

2002.3.23 日経夕刊


サルのES細胞 凍結保存 旭テクノグラスなど
再生医療材料来月にも販売

2002.3.22 日経朝刊


<未来戦略>人工血液 完成近づく 献血量減少で期待感

2002.3.22 日経朝刊


再生医療の材料「幹細胞」増殖 牛血清不要 阪大新技術

2002.3.20 日経朝刊


メニコン 再生医療施設を公開

2002.3.19 産経朝刊


再生医療テーマに講演会

2002.3.18 日経朝刊

26日、東京・銀座ガスホール。


ホルムアルデヒドで基準

2002.3.18 産経朝刊

職場の屋内空気中濃度のガイドライン策定。


「幹細胞」でスペア臓器 骨髄に微量存在 実現なら「革命」

2002.3.17 日経朝刊


失われた体の組織を修復 再生医療の事業化加速 製薬/バイオ各社
薬事法なおルール改正進む

2002.3.14 日経朝刊


デジタル医療機器強化 富士写 乳がん診断装置投入へ

2002.3.10 日経朝刊


インスリン注入器回収漏れ

2002.3.8 日経朝刊


骨髄細胞から網膜再生 関西医大 ネズミ実験で成功

2002.3.8 朝日朝刊


骨髄細胞使い視細胞を再生 関西医大が動物実験

2002.3.8 日経朝刊


骨髄幹細胞で網膜再生 関西医科大教授グループ 本人の骨髄を注入

2002.3.8 産経朝刊


<未来戦略>協和発酵、幹細胞で基本特許 再生医療競争に参戦

2002.3.8 日経朝刊


内視鏡「100人院内感染」米大発表 日本製 原因の可能性
「欠陥で感染リスク低い」会社側

2002.3.7 朝日朝刊


内視鏡の回収は「安全期すため」欠陥報道でオリンパス

2002.3.7 日経朝刊


内視鏡欠陥で細菌感染? オリンパス製
米病院、100人が陽性

2002.3.6 日経朝刊


国立医療機関、事故146件
昨年末まで2年間 単純ミスなど相次ぐ

2002.3.6 日経朝刊

厚生労働省が情報開示した「医療事故報告書」で明らかになった。


ヒト培養皮膚 愛知の企業の臨床試験承認 厚労省

2002.3.6 日経朝刊

ジャパン・ティッシュ・エンジニアリングが申請していた。


<環境ホルモン 何がどこまで分かったか>
みそ・しょうゆの製造タンクのエポキシ樹脂 ビスフェノールA
代替品への切り替え進む、臭素系難燃剤
海底、魚の残留量は低濃度

2002.3.6 毎日朝刊


皮膚のアミノ酸 紫外線受け 左型から右型に
京大など共同研究 ダメージ指標化へ

2002.3.4 産経朝刊


手術用の縫合糸自主回収始める アズウェル、包装に傷

2002.3.2 産経朝刊

1月16日から2月26日までに出荷した「ネスコスーチャー絹製縫合糸」。


歯並び矯正器若者に広がり 携帯ポスターにも登場

2002.3.1 産経朝刊


NIHS / DMD / isama@nihs.go.jp