新聞の見出しから - 2003/12 Up DMD NIHS

アレルギー原因物質を分解 三菱重工業

2003.12.30 日経朝刊

アレルギーの原因物質を分解するフィルターを搭載したエアコン。


レーザーで虫歯予防 阪大、象牙質改質の装置

2003.12.29 日経朝刊

赤外線レーザー光を歯に断続的に照射して、歯の周囲に露出してきた象牙質を虫歯になりにくいエナメル質に似た構造に改質する装置。


内視鏡 治療範囲広げる
人工指で精密手術 脳や臓器の裏OK
名大が試作 患者の負担軽減

2003.12.29 日経朝刊


ヒト胚研究 もろ刃の剣
クローンで再生 倫理巡り反対論

2003.12.28 日経朝刊

ヒトクローン胚は、拒絶反応が少なく移植しやすい臓器を作れるなど利点がある一方、クローン人間にもつながりかねないとして反対論も強い。


布団でアレルギー物質無害化 ダイワボウ

2003.12.26 日経朝刊

気管支ぜんそくやアトピー性皮膚炎の原因とされるダニのふんや死がいを無害化する機能を持たせた布団。フタロシアニンがアレルゲンを吸着・分解する。


睡眠時無呼吸症候群 症状の計測容易に
産総研:眠る人の振動測定 慶大:赤外線照射し観察

2003.12.26 日経朝刊

居眠り運転事故などの原因として問題になっている睡眠時無呼吸症候群の診断に有効な簡易計測システムの開発が活発。


がん、1センチでも位置特定 米GEが診断装置

2003.12.23 日経朝刊

早期がんを高精度に発見できる画像診断装置「PET/CT」。がん細胞が放射性薬剤を代謝する様子からがんの有無を調べる「陽電子放射断層撮影装置(PET)」と、エックス線を使って体の断面を透視する「コンピュータ断層撮影装置(CT)」を組み合わせた。


ウイルス感染20秒で診断
物材機構、島津など チップに微細なふるい

2003.12.19 日経朝刊

SARSなどの迅速な診断に道を開く。構造を工夫すれば病気にかかわる遺伝子の個人差も判別できる。


クローン胚:作製は賛否両論を併記 受精胚:研究目的で容認の方向
生命倫理調査会が報告書案 「生命の萌芽」 海外でも議論
「ヒトも直ちに研究を」西川伸一委員(理化学研究所グループディレクター)
「尊厳脅かしかねない」島薗進委員(東京大学教授(宗教学))

2003.12.17 朝日朝刊


泌尿器の病気(3) 尿路結石
できる場所によって症状さまざま 適切な治療よく相談を
衝撃波による破砕 麻酔なしでOK

2003.12.16 日経夕刊


治療ミスの疑い 70代女性が死亡 川崎市立病院

2003.12.16 日経朝刊

カテーテルの針などで後腹膜腔内の血管を傷つけた可能性が高い。


軟骨成長促すホルモン判明 京大、低身長症応用へ

2003.12.16 朝日朝刊

低身長症のうち軟骨の成長不足が原因となっている難病に、CPNというホルモンが効くことを動物物実験で突き止めた。


カテーテル挿入後死亡
東京女子医大病院 9月と11月、2件

2003.12.13 日経朝刊

点滴用のカテーテルを首の静脈に挿入した後に死亡する事故が起きていた。


医学生物研と資本提携 住商子会社
再生医療を共同研究

2003.12.13 日経朝刊

バイオ分野の中では日本が強いとされる、糖鎖生物学を専門に研究している。


骨を伝い寝ながら音楽 東芝コンシューママーケティング

2003.12.12 日経朝刊

頭がい骨を通じて直接音を伝える骨伝導方式。


脳血精密に再現
名大福田研究室 立体モデルを開発

2003.12.12 日経朝刊

疾患の形状や治療器具を欠陥内に挿入した際の変形なども正確に表示できる。


光触媒応用広がる
JR東海:喫煙車両を脱臭 宇部興産:循環風呂で殺菌
環境分野で拡大の兆し

2003.12.12 日経朝刊

光触媒は紫外線が当たると、表面でにおいのもとになる有機化学物質を分解する。光触媒は化粧品にも使い酸化チタンを活性化した素材。


救急救命士活動 範囲拡大で効果
2003年版消防白書

2003.12.10 日経夕刊

今年4月から、医師の指示なしでも心肺停止時に心臓に電気ショックを与えて鼓動を取り戻す「除細動」が認められた。心肺停止患者の心拍再開などに効果があがっている。


人工遺伝子の合成受託
東洋紡とiGENE バイオ医薬向け

2003.12.10 日経朝刊

特定の遺伝子の働きを抑える「短いRNA干渉分子(siRNA)」と呼ばれる人工遺伝子を合成する。


医療事故 「警鐘事例も報告を」
厚労省 範囲拡大、省令改正へ
第三者機関に一般有識者

2003.12.9 日経夕刊

新たに報告を求める事故として、「医療現場に対する警鐘的意義が大きいと考えられる事例」を提示した。「事故報告範囲検討委員会」が了承した。


医療事故の相談 全国で1000件超す
弁護士らが実施

2003.12.9 日経夕刊

今月全国で実施した医療事故相談で。


動脈瘤治療自己判断で くも膜下出血原因どう処理
様子見:破裂する恐れ 手術:合併症リスク

2003.12.9 日経夕刊

脳動脈瘤手術は、クリップをかける方法とコイルを詰める方法の2通りがある。


人工遺伝子の医薬用途特許 アンジェスエムジー

2003.12.9 日経朝刊

既に医療器具メーカーに、この人工遺伝子を使った血管用医療用具の開発及び製造販売権を供与している。


法的行動起こした医療事故被害者 「説明不足が理由」96%
「補償」を上回る 市民団体アンケート

2003.12.8 日経夕刊

「医療事故市民オンブズマン・メディオ」がアンケート調査を実施した。


点滴チューブ外れ患者死亡、島根の国立浜田病院

2003.12.8 日経朝刊

点滴チューブが途中で外れて体から垂れ下がり、多量の血液が流れ出ていた。


東大 医工連携、がん治療精度向上

2003.12.8 日経朝刊

東京大学病院と同大学院工学系研究科が協力し、がん治療などに使う放射線治療機器を小型・高性能化する研究に乗り出す。


感覚器官に電流 体の姿勢操る NTT
無害なら体感ゲーム活用

2003.12.8 日経朝刊

姿勢維持などを担う器官の近くに電極を当て、スイッチの切り替えで体の傾きを変える実験に成功した。電流を長時間流した際の影響を調査する必要がある。


全国で一斉医療事故相談

2003.12.5 日経夕刊

患者側の立場で医療過誤訴訟を手がける弁護士らが、全国で一斉に医療事故相談を受け付ける。


SARSウイルス 簡単な検出キット
タカラバイオ、1時間で

2003.12.5 日経朝刊

試験紙上で判定結果を目視できる。保温器があればどこでも約1時間で検出できる。独自開発した手法でSARSウイルスの遺伝子を増幅し、「金ナノ粒子」を使い検出する。


エアコンから除菌イオン シャープ

2003.12.5 日経朝刊

内蔵した除菌イオン発生装置から「プラズマクラスターイオン」を発生させ、室内に浮遊しているカビ菌やウイルス、アレルギー原因物質などの活動を抑える。


ヘアケア用品に真珠成分 コーセーコスメポート

2003.12.4 日経朝刊

シャンプーやコンディショナーに真珠に含まれる海洋性ミネラル「パールミネラル」とたんぱく質の「パールプロテイン」を配合した。従来品に比べ毛髪への浸透力が約1.5倍になった。


NIHS / DMD / isama@nihs.go.jp