新聞の見出しから - 2004/06 Up DMD NIHS

トイレット紙に消臭効果 大王製紙

2004.6.30 日経朝刊

消臭効果のあるローズマリーの香りをつけたトイレットペーパー。


オリンパス アジアで内視鏡拡大
中国:代理店を直販に 韓国:保守拠点を新設

2004.6.29 日経朝刊

主力の内視鏡事業をアジアで拡大する。3年後に中韓での売上高を現在の4倍以上に拡大する。


阪大、肺内の空気分布診断
ぜんそく薬適切に投与

2004.6.28 日経朝刊

コンピューター断層撮影装置(CT)画像を使って肺の中の空気分布を把握できる技術を開発した。


代替法と比較後に開始 ヒトクローン胚研究
総合科技会議調査会・薬師寺会長に聞く 監査制度が前提
科学的検証欠かせず

2004.6.28 日経朝刊

総合科学技術会議の生命倫理専門調査会は、薬師寺会長が示した条件付き容認案を多数決で承認した。


画像診断 横浜に国内最大施設
ゆうあい会 周辺病院も利用

2004.6.25 日経朝刊

陽電子放射断層撮影装置(PET)12台、磁気共鳴画像装置(MRI)3台、コンピューター断層撮影装置(CT)2台、超音波診断装置3台を設置した。


ヒトクローン胚容認 基礎研究限定 再生医療を優先
総合科技会議報告案 クローン人間には防止策
ヒトクローン胚研究容認 再生医療実現へ針路
異例の採択で結論 国際競争出遅れに懸念 難病治療研究に弾み
生命倫理重い課題 ヒトクローン胚研究を容認 先端医学と対立

2004.6.24 日経朝刊

総合科学技術会議の専門調査会は、人間のクローン胚研究を条件付で認める最終報告案を決定した。


インフルエンザウイルス 1分で感染力奪う
ダイキン「新型フィルター」

2004.6.24 日経朝刊

空気清浄機やエアコン、マスクなど医療分野で製品化を目差す。ウイルスに対する免疫のできた鶏の卵から抽出した抗体をフィルターに塗布して、免疫反応によって吸着したウイルスを不活化する。


小型で低価格の肺がん治療装置
松下など、半導体レーザー活用

2004.6.23 日経朝刊

レーザー光と専用薬剤の化学反応でがん組織を死滅させる「光線力学的治療(PDT)」を採用した早期肺がん治療システムを開発した。


早期乳がん見逃さない マンモグラフィー検査切り札に
画像で客観的診断 視触診と併用、精度高く

2004.6.22 日経夕刊

乳がん検診で、エックス線撮影をして調べる「マンモグラフィー検査」が早期発見の新たな切り札として注目されている。


素材に光触媒シート
日に当てればにおいを一掃 東洋ケース

2004.6.22 日経朝刊

光触媒シートを使った布団のシーツカバーなどを発売する。靴やブーツに入れてにおいを吸い取らせる「シューズキーパー」なども出す。


ヒトの肝細胞持つマウス
広島大など 新薬開発に活用

2004.6.21 日経朝刊

肝障害と免疫不全を持つマウスを作製し、人の肝細胞を移植した。マウスの肝臓の90%以上が人の肝細胞に置き換わった。人の肝臓への毒性を簡単に調べられるようになる。


血液1滴で瞬時に検査 慶大が超小型センサー
緊急投薬など救命医療に

2004.6.18 日経朝刊

糖尿病や心不全などの患者から血液1滴採取するだけで、容体を瞬時に把握できる超小型センサー開発した。容体判定の目安になる血糖値や酸性度、乳酸値など5つの数値をほぼ瞬時に測定できる。


医療事故15%が大学病院
民間の調査会鑑定 9年間で105件 62件が医療過誤

2004.6.14 日経夕刊

医療過誤訴訟の鑑定を引き受けている医療事故鑑定会は、過去9年間で鑑定が終了した医療事故686件の鑑定実績を発表した。


気管支の初期がん判別 新内視鏡、処置も可能
ペンタックス、東京医大など

2004.6.11 日経朝刊

新内視鏡は先端に高性能の電荷結合素子(CCD)カメラや照明装置を取り付けてある。止血などに使う高周波処置具や鉗子などの器具を内視鏡の中を通して先端に取り付けられるので観察だけでなく処置も可能。


遺伝子データベース 日米欧が標準化合意

2004.6.11 日経朝刊

遺伝子解析データベースの国際標準化案が固まった。遺伝子データのインターネットを通じた交換や検索が容易になる。


今国会での提出見送り
臓器移植法改正案

2004.6.10 日経朝刊

超党派の生命倫理研究議員連盟は、本人の拒否の意思表示がなければ家族の承諾だけで脳死段階で臓器提供できるようにする自民党調査会の案を議論し、今国会への提出を見送った。


人工呼吸器国際シンポ

2004.6.7 日経夕刊

自発呼吸ができず人工呼吸器(ベンチレーター)を使う人たちの自立や、人工呼吸器に関する正しい知識の普及に向けた国内初の「ベンチレーター国際シンポジウム」が開かれる。


細胞を安全培養
再生医療向けに三洋が装置開発

2004.6.4 日経朝刊

患者の体内から取り出した細胞を安全に培養する装置を開発した。培養する細胞を入れた容器をセットすると自動的に収容し、内部で作業するため、細菌などが混入しにくい。


光触媒、日本がリード
特許出願数 米の17倍以上

2004.6.4 日経朝刊

光を当てると汚れの有機物を分解する酸化チタンなど光触媒の研究開発や産業化で日本が欧米を圧倒している。光触媒は現在、ガラス製品や抗菌剤などに応用されている。


UVケアに超微粒子
資生堂:洗い流しも簡単に 花王:肌に浸透しやすく

2004.6.2 日経朝刊

配合成分をナノ単位まで細かくした日焼け止めや美容液が登場している。


歯の詰め物、ネット受注
ストリートデザイン 型取り不要、安価に

2004.6.1 日経朝刊

歯の詰め物やかぶせ物など歯科材料を短期間に低価格で製作するシステムを開発した。コンピュータで設計・製造するため、歯科医が型を取る必要がない。歯の形状を三次元画像で撮影する装置を歯科医院にリースし、撮影した画像をインターネットで送信してもらう。


NIHS / DMD / isama@nihs.go.jp