新聞の見出しから - 2005/05 Up DMD NIHS

生分解性樹脂 透明で柔らかく
阪大と理研ビタミン 食品包装に実用へ

2005.5.31 日経朝刊

トウモロコシを原料につくる「ポリ乳酸」と呼ばれる生分解性樹脂の結晶粒の大きさを数十ナノメートルに微細化する技術を開発し、可塑剤を加えても透明性を保てるようにした。


内視鏡画像見やすく フジノン・千葉大
血管くっきり表示

2005.5.27 日経朝刊

内視鏡で撮影した体内の画像を医師が診断しやすいように瞬時に処理するソフトを開発した。


世界最細の注射針発売 テルモ

2005.5.27 日経朝刊

世界最細となる直径0.2ミリメートルの注射針を発売する。肌に刺さる時の痛みが大幅に緩和される。


医療材料、公定価格下げへ カテーテル・透析器など
海外との格差是正促す 厚労省検討 改定頻度上げなど

2005.5.27 日経朝刊

厚生労働省は医療機関が治療で使う医療材料について、欧米より割高な公定価格を引き下げる方向で検討に入った。


医学と工学 垣根なくせ
研究者中心に協議会

2005.5.26 日経夕刊

医療機器の開発や医療の情報化などを巡り医学と工学の連携を進めるため、研究者中心の協議会が発足する。会長には元東大教授で独立行政法人物質・材料研究機構フェローの立石哲也氏が就き、事務局はドゥリサーチ研究所に置く。


補助心臓 国産の埋め込み成功
東京女子医大 実用化へ一歩

2005.5.26 日経朝刊

国産の補助人工心臓を患者に埋め込んだのは初めて。日本人の体格に合わせ小型なのが特徴。国立循環器病センターなどと臨床試験を進め、早期実用化を目指す。


患者の皮膚からES細胞 クローン技術、大幅に向上 韓国大チーム
ヒトクローン胚 英国でも作製
「再生医療」に現実味 倫理面に課題も

2005.5.20 日経夕刊

患者の皮膚細胞からクローン技術でES細胞をつくることに成功した。


ダニアレルギー原因物質 新型樹脂で抑制
積水化学・阪大が開発

2005.5.20 日経朝刊

ダニによるアレルギーの原因となるたんぱく質の働きを抑える新型の樹脂を開発した。フェノール樹脂の一種で、西洋ワサビに含まれる「ペルオキシダーゼ」という酵素で重合させて高分子の樹脂にした。


培養し角膜再生可能な細胞発見 東大病院

2005.5.19 日経朝刊

角膜の細胞になる前の前駆細胞を世界で初めて発見した。角膜を再生することが可能になる。


医療事故届け出最多 警察庁まとめ
昨年255件 立件は全体の3割

2005.5.18 日経夕刊

前年と比べた増加率は鈍化しているものの、3年連続で過去最多を更新した。


虫歯 レーザー治療進歩
痛みほぼゼロで心理負担軽く 保険適用外、費用は確認を

2005.5.17 日経夕刊

エルビウムヤグレーザーは水分によく吸収される性質がある。エルビウムヤグレーザーを照射すると、水分を多く含む虫歯部分が瞬間的に取り除かれる。虫歯になっていない健康は部分は水分が少なく影響を受けにくい。


手術用の器具滑らない覆い布
千葉大など開発

2005.5.16 日経朝刊

手術時に患者にかぶせる、手術器具を置いても滑らないように加工した新しい覆い布を開発した。ウエットスーツの素材に使用するゴムを活用、片面にナイロンやチタンを張り、抗菌・消臭処理などを施した。


虫が寄らない特殊インク サクラクレパス

2005.5.14 日経朝刊

蚊などの虫が嫌がる成分「ピレスロイド」を配合した特殊インクを両面に印刷した「虫よけうちわ」。


血液の成分使いバイオ燃料電池
東北大グループ開発

2005.5.13 日経朝刊

開発した電池は1円玉ほどの大きさで、血液中のグルコースを水素の代わりに使って、酸素と反応させて発電する。体内に埋め込んで使う次世代血糖値センサーの電源として応用できる。


肌美しく見せる金属粉体を開発 資生堂

2005.5.13 日経朝刊

肌の内部組織で反射した光を効率よく外に引き出して、肌を美しく見せる効果がある。


拓く創造企業 トキ・コーポレーション
再生医療へ応用期待 リスク回避へ他分野開拓も
形状記憶合金で「人工筋肉」

2005.5.13 日経朝刊


<新世代医療人5> 女性の視点で機器開発
オリンパスメディカルシステムズ内視鏡開発部・内田優子さん

2005.5.8 日経朝刊

「次世代超音波内視鏡」プロジェクトに情熱を注ぐ。


注射針などの仕様規格統一 国内メーカー

2005.5.5 日経朝刊

テルモやニプロなど国内の医療機器メーカーが、注射針や点滴に使う輸液セットなど医療現場で広く使われる医療機器の仕様規格を統一する。機器の標準化で使用時の安全性を高め、医療事故防止にも役立てる。


NIHS / DMD / isama@nihs.go.jp