新聞の見出しから - 2007/04 Up DMD NIHS

ES細胞 肝移植で病状改善 京大が動物実験 人体へ応用も

2007.4.30 日経朝刊

あらゆる組織や器官に成長する胚性幹細胞(ES細胞)から作った肝臓の細胞をマウスに移植し、病気の症状を改善させた。実際に細胞移植治療の有効性を確認したのは初めて。


微弱な光で内視鏡検査 NHK技研など開発にメド 胎児治療 安全に

2007.4.27 日経朝刊

放送用カメラの心臓部の電子部品を七分の一に小型化した。胎児治療に役立つ、高感度内視鏡が実現できる。


改正消安法ABC どのように変わるの? 事故の報告を義務化

2007.4.26 日経朝刊

改正消費生活用製品安全法(消安法)が5月14日に施行される。製品が原因で重大事故が起きた場合、国への報告を義務づけた。経済産業省はウェブサイトなどで事故を公表し、消費者などに知らせる。家電やガス機器、文具、玩具、家具、キッチン用品、衣料品などが対象となる。


角膜再生に新シート 縫合不要 はるだけ 同志社・京都府医大 年内にも臨床応用

2007.4.23 日経朝刊

細胞シート材料に使う羊膜の表面をフィブリンで覆い、患部に置くだけで張り付くようにした。フィブリンは1-2週間で体内に吸収される。


ヤコブ病手術の器具滅菌足りず 7人に2次感染の恐れ

2007.4.21 日経朝刊

神経性の難病であるクロイツフェルト・ヤコブ病患者の手術で使用した器具を、ヤコブ病に対応した特別な滅菌処理をせずに別の患者の手術に使用した。合計7人に二次感染の可能性がある。


GE横河とオムロンヘルスケア 医療機器を共同開発 販路も一部統合

2007.4.19 日経朝刊

予防や在宅医療の分野で製品を共同開発し、予防医療市場を開拓する。


「痛くない注射針」増産 テルモ、糖尿病患者に好評

2007.4.18 日経朝刊

糖尿病患者がインスリンを自己注射する際に使われる、直径0.2ミリメートルの超極細で痛みの少ない注射針を増産する。


がんの痛み 放射線で軽減 腫瘍小さく、原因物質の分泌抑える 身体負担少なく 末期も実施可能

2007.4.17 日経夕刊

がんの痛みを放射線で軽減する治療は、身体への負担が少ないため、長期の抗がん剤治療中や体力が落ちた人でも受けやすい。


嫌なにおい抑える肌着 丸紅、縫い糸に消臭機能

2007.4.14 日経朝刊

強力な消臭機能を持った縫い糸を使用して、汗やタバコのにおい、中高年の加齢臭を抑える。洗濯や日干しすると吸着した悪臭物質を放出し、消臭力が戻る。


ES細胞法案、米上院でも可決

2007.4.12 日経夕刊

胚性幹細胞(ES細胞)の研究促進のための連邦政府の財政支援を拡充する法案を、下院に続き、上院でも可決した。ブッシュ大統領は、昨年7月に続く二度目の拒否権を発動する考え。


カプセル内視鏡 イスラエル社と世界で販売提携 富士フイルム子会社

2007.4.12 日経朝刊

富士フイルム子会社のフジノンは、イスラエルのカプセル内視鏡メーカー、ギブン・イメージングと業務提携した。ギブンのカプセル内視鏡を世界で販売するほか、消化器分野で次世代内視鏡システムを共同開発する。


体外培養細胞 がん化の危険性 京大が察知技術

2007.4.9 日経朝刊

患者から採取して体外で培養する細胞が、がん化する兆しをつかむ技術を開発した。体外で増殖させた細胞に含まれるがん関連遺伝子「p16」の状態を調べ、危険性を事前に察知する。


再生医療に企業参入促す 厚労省、治験手続き簡素化へ バイオなどすそ野拡大狙う

2007.4.9 日経朝刊

厚生労働省は、企業が再生医療に使う皮膚や骨、角膜などを製造・販売する際、必要な臨床試験の手続きを見直す。リスクに応じた認可基準の作成や申請手続きの簡素化を図る。


人工透析(2)携帯型装置で旅も可能に

2007.4.5 日経夕刊

自宅でできる腹膜透析(CAPD)。携帯型の透析装置を使えば、旅行も可能になる。


東京メトロ全駅にAED 今年度中に設置完了

2007.4.4 日経朝刊

東京メトロは2007年度中に、162の地下鉄駅すべてに自動体外式除細動器(AED)を配置する。


心臓の再生医療 月内にも新手法 阪大

2007.4.2 日経朝刊

患者自身の太ももの筋肉から採取した細胞をシート状に培養した「心筋シート」を心臓に張り、心筋を再生する。重い心臓病患者を対象に、4月にも臨床研究を始める。


心筋梗塞のバイパス血管 血栓防ぐ新技術 国立循環器病センター 薬剤作用長く

2007.4.2 日経朝刊

独自の高分子材料をヘパリンにくっつけ、血管の内面をはがれないように覆う処理をした。血液が流れてもヘパリンが血管の内側にとどまり、血栓が発生しにくい。


NIHS / DMD / isama@nihs.go.jp