新聞の見出しから - 2007/08 Up DMD NIHS

中国製玩具また回収 お絵かきセットから鉛 米トイザラスが2万7000個

2007.8.31 日経夕刊

中国製のクレヨンや色絵の具などが入った絵画用具セットから規定量を超える鉛が検出された。


中国玩具の安全対策強化 タカラトミー:現法にX線分析装置 バンダイ:協力工場の検査強化

2007.8.29 日経朝刊

玩具メーカー各社は、国内販売の多くを依存している中国製玩具の安全対策の強化に急いでいる。X線分析装置は、鉛やカドミウム、水銀などの有害物質の濃度を測定できる。


血小板で軟骨再生 京大など 半月板損傷の新治療法

2007.8.27 日経朝刊

患者から採った血液で作った高濃度な血小板をゼラチンに染み込ませ、ひざから患部に注入し、軟骨を再生する。


仏ロレアル ヒト細胞から人工皮膚 化粧品など動物実験を代替

2007.8.24 日経朝刊

健康な成人の皮膚から採取した細胞を培養して作った人工皮膚を開発した。動物実験に代わって、化粧品や医薬品などの安全性を確認する試験に適している。


細胞培養の研究キット J−TEC 設備不要で扱い簡単

2007.8.24 日経朝刊

無菌環境が整っていない施設でも不純物の混入を防いで、組織片から細胞を容易に培養できる研究キットを開発した。


中国製玩具 EUが警告 「不正な鉛使用」監視呼びかけ

2007.8.18 日経朝刊

欧州委員会は、中国製玩具に健康を損なう恐れのある鉛などが使われているとEU加盟国に警告した。


「ケミカルライト」破損用心 液漏れ 子供けが 目に入ったり誤飲相次ぐ

2007.8.16 日経夕刊

腕に巻き付けるなどして使う発光性の「ケミカルライト」が破損して、内部の液体が目に入るなどのけがが相次いでいる。液体を飲み込んで病院に搬送される子供もいる。液体が目に入ると痛みを感じたり、誤って飲み込むと体調を崩す。


国内でも中国製玩具回収

2007.8.15 日経朝刊

米玩具大手マテルが中国製玩具を自主回収した問題で、一部の自動車模型は国内でも販売されており、輸入業者が回収作業を進める。米国の基準を超えた鉛が含まれていた。


再生医療、VBが担う 国内初の実用化間近? 今月中にも厚労省審査 普及には課題も

2007.8.7 日経朝刊

ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(J−TEC)は重症やけど治療用の表皮で製造販売承認を申請している。名古屋大学などの技術を導入し、表皮、軟骨、角膜上皮を開発している。表皮では、患者の正常な皮膚を約1平方センチメートル採取し、表皮の細胞を取り出し、約2週間かけて培養して、患者に移植する。セルシードは、東京女子医科大学の技術を基に、角膜上皮の再生医療に取り組む。アルブラストは、京都府立医科大学などの術を導入し、角膜上皮と歯を支える骨の再生医療に取り組む。ステムセルサイエンスは、尿道の筋肉の再生で尿失禁の治療法確立を目指す。普及には、医療保険の適用を受けることも不可欠。


医療機器向け物流システム ヤマトシステム開発

2007.8.6 日経朝刊

ヤマトシステム開発は医療機器メーカーなどに向けた物流システムのサービスを始める。利用者はネットを通して、工場出荷から医療機関など最終配送先までの流通経路全体が把握できる。


悪臭よ、さらば エステー

2007.8.2 日経朝刊

悪臭を良い香りの構成成分として取り込むことで消臭するトイレ用消臭芳香剤を発売する。


NIHS / DMD / isama@nihs.go.jp