新聞の見出しから - 2008/11 Up DMD NIHS

心筋、自分の細胞で再生 京都医大、臨床試験へ

2008.11.29 日経夕刊

京都府立医大は、重い心不全の患者自らの幹細胞を使い、心筋を再生させて機能回復を図る臨床試験を始める。


「塗るマスク」で花粉防ぐ 日東薬品工業

2008.11.29 日経朝刊

無色透明のジェルを鼻の周りに塗ることで、花粉やハウスダストの吸い込みを7割程度減らすことができる。


香り付きで心も潤う ニベア花王やロクシタン ボディーケア商品続々

2008.11.29 日経朝刊

保湿に加え、香り付きでリラックス効果をうたうボディーケア商品が増えている。


万能細胞から生殖細胞 文科省専門委 作製を容認

2008.11.28 日経朝刊

文部科学省の専門委員会は、ヒトの万能細胞から精子や卵子などの生殖細胞を作製することを、基礎研究に限り容認することを決めた。作製した生殖細胞をもとに受精卵を作ることは引き続き禁止とした。


人工心臓を永久使用 阪大病院で手術 74歳女性退院へ

2008.11.26 日経夕刊

補助人工心臓を取り付けた重症心筋症の高齢患者が順調に回復した。補助人工心臓は心臓移植までのつなぎ役として使われるが、永久使用が目的で装着したのは国内初になる。


医療用針、中国で販売 河野製作所 上海に販社、茨城工場増強

2008.11.26 日経朝刊

上海に販売会社を設立し、中国市場に進出する。日本から中国の医療機関への輸出を目指す。


植物素材で自動車ドア ヤシ油の樹脂に竹繊維 三菱自、CO2を3割削減

2008.11.19 日経朝刊

ヒマシ油やヤシ油からできた樹脂に、強度を上げるために竹から抽出した繊維を混ぜた。現段階では通常の樹脂製の2倍以上の製造コストがかかる。


呼吸補助器の回収命令 都、乳児が一時呼吸困難

2008.11.19 日経朝刊

東京都は、薬事法に基づき五十嵐医科工業に機器の回収を命じた。別のメーカーが製造した類似製品の死亡事故を受け、同社は自主回収したが、回収から漏れた機器で事故が起きた。


iPS細胞研究で日米交流 米資金援助機関と協力

2008.11.19 日経朝刊

科学技術振興機構(JST)はカリフォルニア再生医療機構と協力し、新型万能細胞(iPS細胞)研究の日米研究者協力を資金面で援助する。


先端医療技術 実用化促す 政府 スーパー特区24件決定 iPS細胞など支援

2008.11.18 日経夕刊

政府は医療技術の実用化を促す先端医療開発特区(スーパー特区)として24件を決定した。新型万能細胞(iPS細胞)の応用や再生医療、革新的な医療機器開発など5分野が対象。新薬の審査手続きや研究費などの弾力的な運用を可能にする。


化学物質管理の対象拡大

2008.11.18 日経夕刊

化学物質排出把握管理促進法(化管法)に基づく政令を改正し、対象化学物質を従来の354種から462種に拡大する。


新薬開発 iPS細胞活用へ連携 京大、武田など3社と研究

2008.11.15 日経朝刊

京都大学は、武田薬品工業、アステラス製薬、島津製作所と組んで、新型万能細胞(iPS細胞)の実用化研究を進める。政府も「先端医療開発特区(スーパー特区)」に選出して支援する。


心臓の異常部分 イメージ表示 フクダ電子が心電計 容体把握しやすく

2008.11.15 日経朝刊

心臓の異常部分をイメージ画像で表示する心電計を開発した。専門医でなくても患者の容体を把握しやすい。


再生医療培養角膜 欧州などで販売 セルシード 後発薬テバと提携

2008.11.8 日経朝刊

セルシードは再生医療に使う培養角膜で海外製薬3社と販売提携した。欧州で製造販売承認を取得し、2011年以降に提携先を通じて欧州など十数カ国で販売する。


人工腎臓の一貫生産工場 旭化成クラレメディカル

2008.11.8 日経朝刊

中核部材である中空糸の紡糸から最終製品の組み立てまで行う人工腎臓の一貫生産工場が完成した。


NIHS / DMD / isama@nihs.go.jp