新聞の見出しから - 2009/01 Up DMD NIHS

「液体洗剤派」が3割 溶けやすさで人気集める

2009.1.31 日経朝刊

衣料用洗剤のうち液体タイプの比率が34%まで上昇した。従来の1/3程度の水で洗えるドラム式洗濯機が普及して、洗剤の溶け残りを気にする主婦らが液体洗剤を選ぶようになった。


安全性高いiPS細胞 ハーバード大、作製にメド 遺伝子使わず

2009.1.25 日経朝刊

米ハーバード大学の研究チームは、安全性の高い化合物だけで新型万能細胞(iPS細胞)を作製する。遺伝子を使ってiPS細胞を作製するとがん化する恐れがあった。


iPS細胞の研究組織 阪大、4月メド 作製技術磨く

2009.1.24 日経夕刊

大阪大学は、新型万能細胞(iPS細胞)の研究組織を立ち上げ、病気の原因解明や再生医療研究に役立てる。


生きた細胞で5ミリの人型 東大 再生医療など応用期待

2009.1.23 日経朝刊

東京大学生産技術研究所は、コラーゲンを使って生きた細胞を立体的に培養し、自在に立体構造を作る技術を開発した。


再生医療実用化へ協力 東京女子医大やオリンパス 細胞をシート状で移植 角膜など成功率向上

2009.1.22 日経夕刊

東京女子医科大学、オリンパス、大日本印刷は、再生医療の実用化に向けて共同研究を始める。患者から採った細胞を薄いシート状にして患部に移植する技術で、心臓や角膜の再生医療の成功率を上げる。


収納の衣類を消臭・芳香 エステー

2009.1.21 日経朝刊

収納している衣類に付く嫌なにおいを消臭して、さわやかな香りを付着させる。


鉛フリーはんだ、冷蔵不要 ニホンゲンマが開発 輸送費など削減に有効

2009.1.21 日経朝刊

常温でも分解しにくい樹脂と活性成分を組み合わせ、常温で保存できる鉛フリーのクリームはんだを開発した。


iPS細胞で膵臓細胞 東大医科研 マウス使う 糖尿病治療に効果

2009.1.19 日経朝刊

東京大学医科学研究所・中内教授らは、マウスの新型万能細胞(iPS細胞)から膵臓の細胞を作製し、糖尿病の治療効果を確認した。


化学物質 管理体制を徹底 電機大手 欧州の規制強化に備え NEC:1500種に対応 三菱電:5月までに実態把握 部品メーカーにも負担 作業量増大に懸念も

2009.1.17 日経朝刊

2011年から欧州で製品への含有情報の届け出が義務付けされるのに備えて、大手電機各社は製品に含まれる化学物質の管理体制を強化する。欧州連合(EU)の化学物質規制には、RoHS指令とREACH規制がある。


サルからiPS細胞 理研、目の難病研究に応用

2009.1.12 日経朝刊

理化学研究所発生・再生科学総合研究センターは、カニクイザルの皮膚細胞から新型万能細胞(iPS細胞)を作製した。目の難病で失明の恐れもある重症の加齢黄斑変性などを改善する治療法の開発につなげる。


生分解樹脂原料 半額に RITEなど 水処理膜使い新技術

2009.1.12 日経朝刊

地球環境産業技術研究機構(RITE)などは、植物から生分解樹脂の主原料であるコハク酸を安価に量産する技術を開発した。生分解樹脂の価格を現在の半分以下に引き下げられる。


詰め替えパウチ 液漏れしにくく 凸版、入浴剤など向け

2009.1.11 日経朝刊

凸版印刷は、耐久性を高めて液漏れしにくい詰め替え用に使うパウチ容器を開発した。


慶大、患者からiPS細胞作製 パーキンソン病

2009.1.10 日経朝刊

慶応大学・岡野栄之教授は、神経難病であるパーキンソン病の患者から新型万能細胞(iPS細胞)を作製した。発症メカニズム解明や治療法開発に役立つ。


腕時計型の電子血圧計 テルモ、女性向け

2009.1.10 日経朝刊

腕時計のように手首に巻いて使う電子血圧計を発売する。女性向けに、ピンクや白など4色。


ラットからES細胞 米英大などのチーム発表 遺伝子操作 実現に迫る

2009.1.5 日経夕刊

胚性幹細胞(ES細胞)をラットを作製し、遺伝子操作の実現に迫る研究成果を発表した。


iPS細胞 国際連携進む 早期実用化へ強調体制 京大:ハーバード大と協議 今月内にも会合 海外勢が成果 技術進歩速く バイエル特許出願内容 京大と別の製法も

2009.1.5 日経朝刊

早期の医療応用を実現するため、新型万能細胞(iPS細胞)の研究で国際連携が本格化してきた。人のiPS細胞の作製について、ドイツ医薬品大手のバイエルが出願した特許内容が公開された。


生きた細胞 変化測定 広島大、形・成分など同時に

2009.1.5 日経朝刊

広島大学の升島教授らは、生きた細胞内にある生体物質について、形や成分の変化を同時に幅広く測定する技術を開発した。


NIHS / DMD / isama@nihs.go.jp