新聞の見出しから - 2009/10 Up DMD NIHS

「iPS」使い実験教室 京大、高校生対象に

2009.10.30 日経夕刊

京都大学は、高校生を対象に、新型万能細胞(iPS細胞)を使った実験教室を11月に開く。マウスやヒトのiPS細胞などを顕微鏡で観察する。


Uアローズ、吸湿発熱素材の衣料

2009.10.28 日経朝刊

体からでる水分を繊維が吸収し発熱する吸湿発熱機能のある東レの素材を使った衣料を発売した。


微小ロボ 体内手術へ起動 マイクロ技術で先進医療をめざす 患部狙って検査 操作の研究進む

2009.10.25 日経朝刊

病気の患部だけに薬を作用させたり、ピンポイントで手術したりするため、微小なロボットを体内に入れて外から自在に操るマイクロ技術の研究が進んでいる。


鼻孔の周りに塗るマスク エーザイ

2009.10.22 日経朝刊

鼻孔の周りや鼻と上唇の間などに塗る、ジェル状のマスクを販売する。ジェルの成分によってプラスイオンでできた層が鼻の周りに生成し、マイナスの性質を持つ花粉やハウスダストなどを引き寄せ留めることで、鼻の中に入らなくする。


9養殖業者から環境ホルモン 三重、微量検出

2009.10.20 日経朝刊

9養殖業者の防汚剤からトリブチルスズオキシド(TBTO)を微量検出した。養殖魚からTBTOは検出されなかった。


きれいでなきゃイヤ 抗菌・除菌当たり前? 新型インフル流行で「清潔感度」鋭さ増す エスカレーター・ATMコナー… 広がる抗菌グッズ 殺菌・除菌 違いは

2009.10.19 日経夕刊

抗菌処理されたエスカレーターの手すり、除菌効果をうたった空気清浄機、出入り口に置かれた手指消毒剤など、抗菌・除菌・殺菌といった表示が街中に広がっている。


新たに3疾患でiPS細胞作製 京大

2009.10.19 日経朝刊

京都大学は、遺伝子異常などが原因で起こる3疾患(「コストマン症候群」、「多嚢胞腎」、「脂肪萎縮症」)で新型万能細胞(iPS細胞)を作製した。発症原因の解明や治療法開発に役立てる。


皮膚のガスから診断 生活習慣病・がん キヤノンなど開発着手 痛み伴わず

2009.10.17 日経夕刊

キヤノンと国立循環器病センターは、皮膚から出る微量ガスを調べて病気を診断する新型装置を開発する。糖尿病などの生活習慣病やがんの早期診断に役立つ。


歩行姿勢分析 治療に活用 人工関節埋めた患者向け 慶大医学部 千葉の病院と連携

2009.10.16 日経朝刊

慶応大学医学部は、人工関節を埋めた患者向けに、鎌ヶ谷総合病院で歩行姿勢を分析する外来治療を始めた。


鶴見大 歯髄細胞バンク着手 再生医療向け 10年で30万種類

2009.10.12 日経朝刊

鶴見大学は、再生医療推進機構と協力し、再生医療に使うための歯髄細胞バンクを設立する。


超音波診断装置 操作支援ロボ試作 早大とアロカ

2009.10.12 日経朝刊

体に当てる超音波プローブを自動操縦できるようにしたロボットアームを試作した。


医療機器事業を日本化薬が強化

2009.10.12 日経朝刊

抗がん剤が主力の日本化薬は、治療効果を高められる機器も手掛け相乗効果を目指す。


iPS細胞作製キットを発売

2009.10.8 日経朝刊

バイオベンチャーのディナベックは、研究機関などを対象に新型万能細胞(iPS細胞)作製キットを発売する。


インフル対策うたうスーツ はるやま 光触媒加工

2009.10.6 日経朝刊

紳士服大手のはるやま商事は、インフルエンザ予防効果をうたうスーツを発売する。光触媒作用を持つ二酸化チタンをスーツの繊維に付着させた。


化石サンゴでブーツ消臭 ポーラ

2009.10.6 日経朝刊

消臭成分に竹炭と化石サンゴを使った消臭ブーツキーパーを発売する。


養殖場に環境ホルモン 三重・尾鷲 漁協が出荷自粛

2009.10.4 日経朝刊

国が使用を禁じている内分泌かく乱化学物質(環境ホルモン)で有機スズ化合物の一種であるトリブチルスズが、ハマチ養殖漁場で防虫用に使われていた。以前は貝や海藻などの付着防止のため養殖網や船底の塗料などに使われていた。


iPS細胞 不整脈患者から作製へ 国立循環器病センターなど 最適な治療法探る

2009.10.4 日経朝刊

重傷の不整脈患者から採った細胞を使って、新型万能細胞(iPS細胞)を作製する。心臓の細胞に成長させて、最適な治療法の開発に役立てる。


手術器具 ICタグ管理 NECなど、医療事故防止

2009.10.4 日経朝刊

医療事故を防止するため、セラミック製のICタグを利用して、メスなどの手術器具を管理するシステムを開発した。


「建材で健康被害」認定 新築マンション 東京地裁 会社側の過失認める

2009.10.2 日経朝刊

頭痛などを引き起こすシックハウス症候群と、新築マンションの建材との因果関係を認定した。ホルムアルデヒドを放散しやすい建材を使用したことや、引き渡し前に濃度を測定しなかった過失があった。


米で最も権威ある医学賞を受賞―山中伸弥さん iPS細胞の実用化急ぐ

2009.10.1 日経夕刊

新型万能細胞(iPS細胞)を世界で初めて作製した京都大学iPS細胞研究センター長の山中伸弥教授が、米国で最も権威ある医学賞「ラスカー賞」を受賞した。


新型インフル 判定30分 都臨床研など 検査装置を開発

2009.10.1 日経朝刊

東京都臨床医学総合研究所などは、新型インフルエンザのウイルスを30分以内に検査できる装置を開発した。


NIHS / DMD / isama@nihs.go.jp