<お知らせ>

 平成20年度に新設された医療機器部第3室は、再生医療製品その他の細胞または組織を利用して製造される医療機器の品質・規格及び基準に係る試験研究及び再生医療製品の開発・実用化の推進と国内外におけるガイドライン化・標準化に係る試験研究等に従事していました。
 平成26年11月25日に「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」(略称:医薬品医療機器等法」が施行されたことに伴い、新たに「再生医療等製品」が定義され、医薬品、医療機器とは別に規制されることになりました。これに伴い、国立医薬品食品衛生研究所においても組織再編が行われ、新たに設立された再生・細胞医療製品部、遺伝子医薬部が設立され、医療機器部第3室は再生・細胞医療製品部第2室として姿を変えることとなりました。
 業務的には、医用材料等を利用した再生医療等製品に関する試験研究等となるため、引き続き医療機器部と連携した業務が行われることになると思われるため、しばらくは旧第3室のHPも残しておきますが、組織上は別の部の室になりました。ご承知おきください。