医療機器フォーラム / http://dmd.nihs.go.jp/iryokiki/

第19回 医療機器フォーラム

“患者安全に着目した医療機器サイバーセキュリティの最前線”

【Web配信(事前収録済の動画像)】
・講演(プログラムNo.1-8)及び質問受付期間
2021年11月1日12:00 ~22日12:00

・総合討論(プログラムNo. 9)
2021年12月17日12:00~22日12:00(予定)

・講演資料公開
2022年1月(予定)


主催: 医療機器フォーラム
共催: 日本薬学会レギュラトリーサイエンス部会

開催案内及び詳細

今年度フォーラムポスター


【概要】

 近年、IoT等の通信技術を利用した様々な医療機器が開発されており、サイバーセキュリティの重要度が増している。国際医療機器規制当局フォーラム(International Medical Device Regulators Forum : IMDRF)は、患者安全に着目したサイバーセキュリティの一般原則とベストプラクティスを提供するため、IMDRFガイダンス「Principles and Practices for Medical Device Cybersecurity」を2020年3月に発行した。我が国においても、令和2年5月13日付け薬生機審発0513第1号・薬生安発0513第1号通知「国際医療機器規制当局フォーラム(IMDRF)による医療機器サイバーセキュリティの原則及び実践に関するガイダンスの公表について(周知依頼)」が発出され、今後3年程度を目途にIMDRFガイダンスに基づく規制を国内に導入する方針が示されている。
 このような背景を考慮して、第19回医療機器フォーラムでは、医療機器サイバーセキュリティの最新動向に関する情報を提供すると共に、これらの医療機器に対する規制の考え方を紹介する。また、パネルディスカッションを通して、医療機器サイバーセキュリティを巡る現状と課題を産官学関係者で共有し、製品開発の更なる発展へと繋げたい。


プログラム
(演題は変更される可能性があります)

講演
1. 開会の辞:蓜島由二(国立衛研)
2. 医療機器サイバーセキュリティに関するこれまでの議論の概要と今後の課題:佐久間一郎(東京大学)
3. 医療機器開発とサイバーセキュリティ:岡山慶太(大阪大学)
4. 医療機関へのサイバー攻撃:実態と対策と課題:美代賢吾(国立国際医療研究センター)
5. 医療機器の脅威の現状と課題:野々下幸治(トレンドマイクロ)
6. ANSI/CAN/UL 2900-2-1 医療機器サイバーセキュリティ評価を中心として:村瀬 元(UL Japan)
7. 製造販売業者が実施すべき医療機器のサイバーセキュリティ:中里俊章(キヤノンメディカルシステムズ)
8. 医療機器サイバーセキュリティ対策の現状と今後の展望:武内彬正(厚生労働省)

総合討論
9. 総合討論及び閉会の辞:座長/佐久間一郎(東京大学)、堤 定美(京都大学)

(注)新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、Web配信(事前収録済の動画像)による開催といたしました。ご参加申込いただいた皆様は、配信期間中はいつでも、何度でも視聴可能となります。


【申込先】
申込期間に以下のボタンをクリックした先にある専用ページからお申込み下さい。


【参加費
一般:5000円、官学:3000円 
(要旨集代・消費税含む)

【申込・参加費振込期間】
2021年8月2日~9月30日(木)12時
10月20日(水)12時

【参加申込方法】
今回は例年とは違う申込・支払手順となっていますのでご注意ください。
1)上記「参加申込」より必要事項をご記入の上、送信してください。
2)お申込み内容の確認後、折り返し「参加申込完了メール」が送信されます。
3) 参加申込完了メールには、受付番号・振込先口座名・振込金額等が記載されていますので、期日までに参加費の振込をお願いします。
 ■振込注意事項
・電信振込にてお振込み下さい。振込手数料は申込者様でご負担下さい
・受講申込の際、一般/官学の選択にご注意ください。金額が異なるため、参加費に過不足が発生した場合、追加発生分の振込手数料は申込者様にご負担いただきます。
・申し込みご本人の受付番号を振込名義の前に必ず入力してからお振込み下さい
入力出来ない場合は、参加申込完了メールに以下の4項目を記入して必ず返信してからお振込み下さい。①ご本人の受付番号、②振込名義、③振込日、④振込金額
   ※複数名様分をまとめて振込む場合も、参加申込完了メールに①全員分の受付番号、②振込名義、③振込日、④振込合計金額を記入して、必ず返信してからお振込みください
・申し込みご本人の受付番号の入力がないお振込みと、参加費と振込金額が異なるお振込みの場合には、入金確認ができず全てキャンセルとなる場合があります。
4)ご登録後のキャンセル、参加費の払い戻しはお受けできませんので予めご了承ください。
5)開始前までに、「要旨集」、「領収書」、「視聴に必要なパスワード」をお送り致します。(10月中旬以降予定)

【Web配信による開催 視聴方法のご案内】
1)「要旨集」及び「視聴に必要なパスワード」は、申込時に登録いただいた要旨集送付先住所にお届けいたします。
2)視聴方法につきましては、後日更新いたしますので、本HPをご参照ください。アンケート及び質問登録フォームもございますので、ご協力の程、どうぞよろしくお願い致します。
3)視聴開始日時以降、視聴可能期間内はご都合の良い時間帯に何度でも視聴できます。
4) 総合討論は皆様のアンケート、質問を集計した後に、それらを基に実施、収録いたします。公開予定日は12月17日~22日となっております。
5)視聴回数の制限はありません。
6)複数人での視聴、ダウンロード等は禁止とさせていただきます。

【お問合せ先】
医療機器フォーラム事務局
〒210-9501 神奈川県川崎市川崎区殿町3-25-26 
国立医薬品食品衛生研究所 医療機器部   
【E-mail】 iryokiki@nihs.go.jp 
【Tel】 044-270-6540(直通)



<取材受付について
>

 原則として、未登録の取材はお断りします。必ず事前に上記照会先へご連絡の上、登録をお願い致します。 


設立趣旨

医療機器フォーラム規約

賛助会員趣意書

(賛助会員入会申込を希望される場合はメールで連絡をお願いします)


今までに開催したシンポジウム
第18回医療機器フォーラム IoTが切り拓く未来医療 令和2年12月15日 早稲田大学 小野記念講堂
第17回医療機器フォーラム 生体由来材料を利用した組織再建技術の最前線 令和元年11月11日 早稲田大学 小野記念講堂
第16回医療機器フォーラム 放射線治療の最前線 平成30年11月19日 早稲田大学 小野記念講堂
第15回医療機器フォーラム 発展する人工知能(AI) ―医療応用を中心として― 平成29年9月29日 早稲田大学 小野記念講堂
第14回医療機器フォーラム がん診断の最前線 -診断装置・技術、人工知能等の開発・上市- 平成28年9月5日 国立がん研究センター研究所 国際会議場
第13回医療機器フォーラム 日本発のロボット技術を医療・ヘルスケアへ:開発から薬事承認、上市への挑戦 平成27年10月23日 東京大学医学部鉄門記念講堂
第12回医療機器フォーラム コンビネーションプロダクトの最前線 -開発から上市化へ- 平成26年 9月19日 東京大学工学部2号館1階213講義室
第11回医療機器フォーラム 医療機器ソフトウェアとセキュリティの規格に係る最前線:ソフトウェア及び医療通信システムの品質・安全性確保 平成25年10月15日 長井記念ホール
第10回医療機器フォーラム 製品開発/上市化の最前線 平成24年 9月18日 長井記念ホール
第9回医療機器フォーラム 植込み型補助人工心臓の最前線:日本発の技術と血液適合性評価 平成23年10月 3日 長井記念ホール
第8回医療機器フォーラム 動物実験の最前線:疾患動物治療を用いる医療機器の有効性、安全性評価 平成22年10月15日 長井記念ホール
第7回医療機器フォーラム 再生医療製品の開発から薬事承認に至る現状と問題点の共有 平成21年10月30日 長井記念ホール
第6回医療機器フォーラム 医療機器審査をめぐる最近の動向 次世代(細胞組織)医療機器最前線と品質・安全性 平成20年10月18日 コンファレンススクエア・エムプラス サクセスホール
第5回医療機器フォーラム 新しい制度とテクノロジーによる医療機器開発戦略 平成19年10月27日 コンファレンススクエア・エムプラス サクセスホール
第4回医療機器フォーラム 新しい制度と次世代型医療機器開発について 平成18年10月28日 日本科学未来館 みらいCANホール
第3回医療機器フォーラム 製品実現を効率的に進めるためには(研究から臨床まで) 平成17年10月22日 日本科学未来館 みらいCANホール
第2回医療機器フォーラム 医療機器・細胞組織医療機器の前臨床試験等について 平成16年10月23日 日本科学未来館 みらいCANホール
医療機器フォーラム設立記念シンポジウム 「21世紀の医療機器 Tissue Engineering ― 開発と評価」 平成15年10月25日 こまばエミナース ダイヤモンドルーム


医療機器フォーラム事務局
〒210-9501 神奈川県川崎市川崎区殿町3-25-26
国立医薬品食品衛生研究所医療機器部内
ホームページ:http://dmd.nihs.go.jp/iryokiki/
電子メール:iryokiki@nihs.go.jp
Tel: 044-270-6540(直通)


Last Updated 2021/09/22
Copyright (C) 医療機器フォーラム
 (無断での転載は御遠慮下さい)