SaMD産官学連携フォーラムのページ

“SaMDフォーラム2022 〜プログラム医療機器における産学官連携〜”


日時:2022年2月4日13:30~16:30

開催方法:Web配信(リアルタイム配信)のみに変更

定員:900名
注:新型コロナウイルス感染症感染者数増大に伴い、現地での聴講を取りやめます。現地参加申込者は全てWeb配信聴講へと変更させていただきますので、ご了承ください。

参加費:無料

共催: 厚生労働省、経済産業省
協賛: 国立研究開発法人日本医療研究開発機構


【開催背景】

 令和2年11月24日、最先端のSaMDの萌芽的シーズを早期に把握して審査の考え方を示すとともに、相談窓口の一元化を含めSaMDの特性を踏まえた審査制度・体制を確立することで、その早期実用化を促進する国家的施策として、厚生労働省医薬・生活衛生局が「プログラム医療機器実用化促進パッケージ戦略(Digital Transformation Action Strategies in Healthcare for SaMD: DASH for SaMD)」を公表した。
 相談窓口の一元化等、既に解決している課題もあるが、萌芽的シーズの把握や開発における考え方の整理に関する課題については、産学開発者と規制当局関係者とがその解決に向けた情報共有や忌憚のない意見交換を行う場を設ける必要がある。その一環として、まず、DASH for SaMDに掲げられている施策の一つである「SaMDに関する産学官連携フォーラム」を設立し、国立医薬品食品研究所医療機器部を事務局として活動を開始することになった。フォーラムの正式なあり方については今後の検討課題ではあるが、厚生労働省と協議の結果、第1回フォーラムは以下のとおり講演会形式で開催する。


プログラム(2022年1月20日現在)
(演題、演者は変更の可能性があります)

1. 開会の辞(13:30 – 13:45)
  厚生労働省、経済産業省、前衆議院議員 塩崎恭久

2. アカデミアにおけるプログラム医療機器の研究開発と課題(13:45 – 14:15)
  (診断分野)昭和大学横浜市北部病院消化器センター 講師 三澤将史
  (治療分野)京都大学大学院医学研究科 教授 古川壽亮

3. 産業界におけるプログラム医療機器の実用化と課題(14:15 – 15:00)
  (診断分野)エルピクセル株式会社 代表取締役 島原佑基
  (治療分野)株式会社CureApp 薬事部長 緒方 剛
  (治療分野)塩野義製薬株式会社DX推進本部デジタルインテリジェンス部長 小林博幸

4. プログラム医療機器の研究開発支援(15:00 – 15:15)
  経済産業省 商務・サービスグループ 医療・福祉機器産業室長 廣瀬大也

5. プログラム医療機器の承認審査(15:15 – 15:30)
  (独)医薬品医療機器総合機構 プログラム医療機器審査室長 岡﨑 譲

6. プログラム医療機器の医療保険上の評価(15:30 – 15:45)
  厚生労働省 医政局 経済課 医療機器政策室長 堀岡伸彦

7. 総合討論(15:45 – 16:25)
  座長:(公財)医療機器センター 専務理事 中野壮陛
  パネリスト:演者

8. 閉会の辞(16:25 – 16:30)

  経済産業省 商務・サービス政策統括調整官 田中一成


                     進行:厚生労働省医薬・生活衛生局医療機器審査管理課長 関野秀人

申込
以下のボタンからお申し込みください(2022年1月6日より受付開始)。
申込

【会場での参加にあたって】
1)上記リンク先の専用サイトより参加申込後、受付完了のメールが届きます。その後、開催1週間前を目途に、参加情報が記載されたメールが届きますので参加前に内容をご確認ください。
2)会場での要旨配布はありません。開催日前に本HPに要旨をアップしますので、そちらをご利用ください。
3)フォーラム終了後、本HPに用意するアンケートへのご協力をお願い致します。
4) 一席づつ間隔を空ける等、会場におけるソーシャルディスタンスの確保にご協力をお願い致します。
5)会場内での撮影等は禁止します。当該行為を行った場合には退席をお願いすることもございますので、ご注意くださいますよう宜しくお願い致します。
6) 速やかな進行にご協力いただくため、会場係の要請、指示に従ってください


【Web配信による開催 視聴方法のご案内】
1)上記リンク先の専用サイトより参加申込後、受付完了のメールが届きます。その後、開催1週間前を目途にWebリンク付きのメールが届きますので、当日、時間になりましたらそちらからご参加ください。なお、その際には必ず画面の指示に従って必要事項を入力してください。
2)フォーラムはリアルタイム配信のみです。オンデマンド配信はございませんのでご注意ください。
3)会場での要旨配布はありません。開催日前に本HPに要旨をアップしますので、そちらをご利用ください。
4) フォーラム終了後、本HPに用意するアンケートへのご協力をお願い致します。
5)配信内容の録画やキャプチャー等は禁止させていただきます。当該事項への違反が判明した場合には法的措置を取る可能性があることにご留意ください。

【お問合せ先】
フォーラム事務局
〒210-9501 神奈川県川崎市川崎区殿町3-25-26 
国立医薬品食品衛生研究所 医療機器部   
【E-mail】 samd_forum@nihs.go.jp 
【Tel】 044-270-6600(内線 1721)


<取材受付について
>

 取材を希望されるメディアは、必ず事前に上記照会先へご連絡の上、登録をお願い致します。 


フォーラム事務局
〒210-9501 神奈川県川崎市川崎区殿町3-25-26
国立医薬品食品衛生研究所医療機器部内
電子メール:samd_forum@nihs.go.jp
Tel: 044-270-6600(内線 1721)


Last Updated 2022/01/20
Copyright (C)医療機器部
 (無断での転載は御遠慮下さい)